このオモシロさは「本好き」でないと分からない。

米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人がたくさんいます。もちろん、それは本の虫(アメリカではBookish)たち。彼らにしかわからない、このニッチな「本好きあるある」の世界を、まずはご紹介。

まあ…わからなくもない、かな。

読書スペースは
家の中のとっておきの場所

家主:あと、ここがトイレね。

友人:へ〜……

友人:で、あの右側の台は何のため?

家主:ティーカップを置くためさ。

物は考えよう。
人生前向きにとらえなきゃ

僕らが「しおり」に
こだわる理由

彼:…ちょっと、何やってんの!

彼女:ドッグイヤの何がいけないの、いいじゃん私の本なんだから。

彼:ダメダメ、それじゃ乱暴すぎるって。頼むよ〜、作家さんへのリスペクトがないんだからぁ。

沈黙は、ときに
極上のロマンスを与えてくれる

彼女:なんか最近、ちっとも二人っきりでデート行かなくなっちゃったよね。

彼:たしかにね。で、何かいい考えある?

彼女:急に言われても。たぶん…お寿司とかあ

彼:…ワインも奮発しちゃったりして?

彼:それも家でだったり?

彼女:うん、いいかも。家飲み!

気になりだしたら止まらないっ

WHEN YOU FIND A BOOK
喜怒哀楽

男性客Aのケース:
探し続けた本にようやく出会えた時の表情。

女性客Aのケース:
ずっと読もう読もうと思っていた本に、ようやく挑もうとする時の表情。

女性客Bのケース:
評判のいい本だけど、自分では「それほど?」な本を読んでみるか、と手に取った時の表情。

男性客Bのケース:
どうしても読みたい、だけどきっと読む時間がないだろうなぁ、な本を見つけた時の表情。

賢くもスマートにもなれる
それが「本」の魅力

Bookish(ブッキッシュ)を消すと、だいぶ意味も変わってきますね。

読書のための時間を捻出できれば
人生でもう数冊は読める。

男性客:あ〜どっちにしよう、迷うなあ。

女性客:そうよね。

男性客:一生のうちに読める本なんて限られてるだろ?いくつ読んだか数えておきたいんだ。

女性客:なら、どっちかなんて迷ってないでとっとと読むことよ。生きているうちに両方読みたいんだったらね。

男性客:…ナットク。

本の満足度は
読み終わったあとの
閉じかたに現れる

「本」から始まる恋も…

女性:(何を読んでらっしゃるの?)

男性:(あ、僕…?えっと、ミラン・クンデラです。お好きですか?)

いつも「本と一緒」すぎて…

と、まあこんな具合に“あるあるワールド”が毎週登場するわけですが、これをブッキッシュたちがなぜそこまで期待しちゃうかというのが、いちばんの納得ポイントでした。

なんでも、ここに描かれた漫画のシチュエーションのほとんどは、フォロワーたちの実体験に基づくものらしいのです。要するに「分かる〜、で自分はこんなことある」をコメントで返してもらい、そこからネタが採用されていくシステム。

つまり、本好きのみなさん!あなたの「あるある体験」もReading Quirksになっちゃうかもしれないのです。ということで、極上の本好きあるあるをお持ちの方は、毎週水曜日のFacebookInstagram、チェックを!

Licensed material used with permission by @readingquirks
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
特にお目当てがあるわけではなく、気に入った本を買おうと書店に行く。そんなとき、あなたはどうやってその一冊を選びますか?作家?それともタイトル?もしかしたら...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...