母渾身のノリツッコミ「油絵、買っちゃった!」からの〜

アメリカ・ジョージア州に住むEleanor Davisさんは、Google検索ページの「イラスト」を手がけた経験をもつ、プロのイラストレーター。

ある日、Facebookのタイムラインに母Annさんのオドロキの投稿を発見。いかにも高そうな絵画とともにひと言「油絵を買ったの」。

「油絵を買いました。
良い値段よ」

古い油絵を買ったの。枠の下には「Ryder」のサイン。もしこれが、アルバート・ピンカム・ライダー(Albert Pinkham Ryder)のものだったら、数百万ドルの価値があるんじゃない?

ライダーは、「トーナリズム」と呼ばれる暗い色調と雰囲気が特徴の画家。全体像が見てみたいなー、と2枚目の画像に移ってみると…、

な〜んて冗談!油絵じゃなくて、古いオーブンの錆びた部分でしたー。

という、母渾身のノリツッコミ(汗)。

Eleanorさん、これをTwitterに投稿したところ、まさかの4万近い「いいね」が。ユーモアたっぷりお茶目なお母さんに、1いいね。

Licensed material used with permission by Eleanor Davis
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
最近知り合った人とSNSで繋がったら、共通の知人がいてビックリ!そんなふうに思ったことはありませんか?とてつもない偶然のようですが、じつは結構な確率で起こ...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
離れて暮らすお母さんと、絆を維持する方法5選。「いつでもあなたを想っていますよ、忘れてませんよ」と、行動で伝えましょう。
子どもの目線で日常を見るために、小型カメラ付きのサングラスをかけさせてみました。そうして気づいた、いろいろなこと──。お母さんって、予測不可能な子どもの行...
わからないなりに、すこし考えてみました。
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。