「息子さんは勉強をがんばってますよ」。学校からの手紙が明らかにおかしい(笑)

子育てをしていると、子供が学校からいろいろなお手紙を持って帰ってきます。7歳のネイサンくんも、ある日「学校から」と言ってお母さんに手紙を渡しました。

でもこの手紙、ちょっとおかしい…?

「ゲームの成績」が
わるいです!

お父さんお母さんへ

ネイサンくんはとても成績がよく、勉強をがんばっています。でも、ゲームの授業だけ成績がわるいです!

もしゲームを徹夜でしなかったら、成績がどんどん落ちて、学校から追いだされちゃいます。だから、夜にゲームをさせてあげてください。今日の夜からです!

ゲームならなんでもできます。パソコン、Wii、iPod、iPad、スマホ、どれでも大丈夫です。

学校より

明らかにネイサンくんの字で書かれた「学校からの手紙」に、お母さんも思わず苦笑。手紙からは、どうにかしてゲームをしたい!という彼の思いが伝わってきます。

こんなに可愛くお願いされたら、ついつい聞き入れちゃうかも…?

Licensed material used with permission by EclecticBlue
andmore
他の記事を見る
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...