「子どもとビールの歴史」が共存する、コペンハーゲンの学校

世界的なビールブランド、カールスバーグの発祥地、コペンハーゲンにある「European School Copenhagen」。

ここは、コペンハーゲン中央駅からクルマで約10分の立地にあるインターナショナルスクール。幼児教育から中等教育までをカバーしています。

ただ、設立された場所は子ども教育の場には相応しくなさそうなカールスバーグの醸造所跡地。当時の名残をとどめる煙突は、今は子どもたちの成長を見守る存在となっています。また、校庭は一般の人たちにも開放されているので、この学校に通わない子どもたちでも遊べます。

世界に誇るビールの歴史と街の未来を担う子どもたちが共存できる。コペンハーゲンだからたどり着いた学校の在り方といえるかもしれません。

©Adam Mørk
©Adam Mørk
©Adam Mørk
Top image: © Adam Mørk
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
デンマークの首都コペンハーゲンの市議会は、誰もが自由に取って食べることができる「公共の果樹」を市内に植えることを決定。自然と人間とのつながりが薄くなってい...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...