1台の「自転車」がアフリカの教育支援につながる理由

教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受けることができれば、さまざまな新しい可能性にチャレンジできるのです。

しかしアフリカをはじめとした多くの発展途上国では、学校に通えない子どもたちがたくさんいます。そんな多くの子どもたちが、これさえあればちゃんとした教育が受けられる、というアイテムがあるんです。

それは、自転車。

毎朝5時に起床。
8km歩いて学校へ行く

「World Bicycle Relief(WBR)」という団体は、自転車を通じた教育支援を行っています。でも、どうして自転車?と思いますよね。

彼女の名前はPriscah。アフリカ南部に位置するザンビアに住む、13歳の女の子です。彼女の通う学校は、7時にはじまります。そのために毎朝5時に起き、8km歩いて学校に行っていました。朝は家事も山積みですが、手伝っている時間はありません。

それでも、学校にはよく遅れてしまいます。遅刻の罰として、学校でさまざまな仕事をするよう言いつけられます。すべてが終わって授業に出られる頃には、もうクタクタ。正直勉強どころではありませんでした。これではどんなにやる気があっても落ちこぼれてしまいます。

自転車が来てから
生活が一変

そこでWBRは、Priscahに自転車をプレゼント。それだけで、彼女の毎日は劇的に変わりました。毎朝1時間多く睡眠時間が確保でき、しかも家事をしてから家を出られるようになったのです。

帰りは水を汲んでいくことできるし、明るいうちに到着できるので帰宅後の勉強もばっちりです。さらに、後ろの座席に弟のPrinceを乗せて一緒に学校に行くことだってできるんです。

さらにこの自転車は、家族全体の役にも立っているそうです。Priscahのお父さんは、小さな農場を持っていて、取れた作物を市場に売りに行きます。片道20kmの道のりですが、自転車を使えば一度にたくさんの作物を持っていけるので、売上は大幅にアップしたそうです。

こうしてできたお金で子どもたちの学費を払い、従業員を雇い、トラックまで買ったばかりか、とうとうお店まで開いてしまったのだとか。たった一台の自転車が、家族の行動範囲を広げ、日常生活を改善し、幸せをもたらしたのです。

自転車をプレゼントする支援
「A Way Forward」

WBRは、このように自転車を通じて子供たちを救うべく、「A Way Forward」というキャンペーンを実施しています。これは寄付をすることで、自転車や整備用工具、交換用のタイヤなどを購入してあげられるというもの。

147ドル(約17,000円)を寄付することで、自転車2台分の購入支援になるそうですよ。

Licensed material used with permission by WORLD BICYCLE RELIEF

関連する記事

アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
「Daytona PotteringBike」の電動アシスト自転車「DE01」の紹介。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
今月30日(日)まで応援購入サービス「Makuake」にて、世にも珍しい“紅茶の抹茶”を商品化した「紅抹茶 あかまっちゃ」が限定販売中。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
「Camp Ride」は、日本全国でのキャンピングカー予約ができるほか、初めてキャンピングカーをレンタル(または購入)を考えている人に向けた関連情報を取り扱う。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
9月15日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「Superstrata」は、シリコンバレーのベンチャー企業「Ar...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
元・自転車雑誌編集長の石川望さんに「通勤でオススメのE-BIKE」を4台挙げてもらった。
元・自転車雑誌編集長の石川望さんに「休日に乗りたいE-BIKE」を5台挙げてもらった。
スタイリッシュなチェーンレス電動アシスト自転車「Honbike(ホンバイク)」が「Makuake」に登場。オリジナルカラー2色の先行販売を開始。
ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、独「アーヘン工科大学」と共同で設計した“新しいノリモノ”は...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...