アフリカで暮らす若者の5人に3人。この数字が意味するものとは。

5人に3人。これはUnicefのレポートで発表された、アフリカでインターネットがない環境に暮らしている若年層の割合です。だからこそ、この“コンピューター”が作られたのだとか。

アフリカと世界を繋ぐ
「ポリタンク」

E8fee7fb9a98cfe3241a0455c16758f9c890c7a39d3cd5ec7de4c7b20a6bc987a3bea1b4fc94934b

ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作にあたって、彼らは捨てられたテレビやパソコンから、すべての素材を見つけているようです。

例えば上の写真の場合では、廃棄されていたポリタンクの中に、ゴミ捨て場から回収した半導体などが入れられています。

8d9476c51ec782c96d8bd393ef48a6f10a74cf7f

冒頭でもふれましたが、アフリカの若年層の約60%はオフラインで生活をしています。もちろん、ラゴスやケープタウンといった急成長している都市があるのも事実。ですが、インターネットが普及した社会から、知らず識らずのうちに彼らは取り残されてしまっているのかもしれません。

だからこそ、「WenakLabs」はアフリカと世界を繋ぐコンピューターを作り出して、デジタルデバイドを解消しようとしたのでしょう。

問題解決のために、個人レベルで僕たちが行動を起こすのは難しいことだけど、アフリカのインターネット環境のことも、最低限の知識として知っておくべきなのかもしれません。

Reference:Unicef
Licensed material used with permission by WenakLabs
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。