ルワンダとひまわりの幸せな関係

人口の96.5%が「家に電気がない状態」のルワンダ、カモニー地区。

ここでは午後6時頃に日が落ちます。住民は農家が多く、日が落ちれば作業はできません。そのため子どもたちは学校から帰ってくると、まず農作業を手伝わねばなりません。

家にあるのは石油ランプのみ。夜になれば、かすかな光で勉強するしかないのです。

2018年2月、アーティストのOlafur Eliasson氏が立ち上げたLittle Sun Foundationによって初めて電気が来ることに。

子どもたちに手渡された小さな「フラワー型太陽光ライト」はコミュニティに大きな影響を与えました。

5188786161975296

同団体はフラワー型太陽光ライトを5つの学校にのべ3500個を配布、使い方を習得してもらうため説明会も開きます。

5637675474223104

先生には携帯用の太陽光充電器(100個)を配ることで、学習用オンラインツールが授業で使えるように。

毎晩、子どもたちが勉強を教えてくれる

4733795043377152

このフラワー型太陽光ライトは、子どもたちの家族にもしっかり貢献。

5人の子を持つ、ある母親は言います。

以前、カーテンが燃えて家中が煙だらけになりました。今はそんな苦労はありません。子どもたちが学校から帰ってくるとライトを使い宿題をします。その後、私が使い、授業に行きます。毎晩子どもたちが勉強を教えてくれるんです。最終試験ではクラスで一番の成績を取りました!このライトのおかげです。

同団体の次のゴールは10校以上の子どもたちと先生に届けること。こちらから寄付もできます。

かわいらしいライトの見た目も彼らの生活と人生にポジティブな影響を与えているように感じますね。

Licensed material used with permission by Little Sun Foundation e.V
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
ウィスコンシン州の街オークレアに400エーカーにも及ぶ大きな「ひまわり畑」がある。その広さは東京ドームでたとえるとおよそ35個分と広大だ。農場には「Bab...
「幸せはお金では買えない」とは、よく耳にする言葉ですが、はたして本当にそうなのか?科学を分かりやすく動画で解説する「AsapSCIENCE」が両者の相関関...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...