男前な「ひまわり」からの人生メッセージを聞け

「誰に、何と言われようと
自分の信じた道を行けゃいいんだよ!」

耳を澄ますとそんなエールが聞こえないだろうか?

Licensed material used with permission by EnjoyOslo
ウィスコンシン州の街オークレアに400エーカーにも及ぶ大きな「ひまわり畑」がある。その広さは東京ドームでたとえるとおよそ35個分と広大だ。農場には「Bab...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
あまり他人と群れない、“一匹狼”みたいな人。なんとなく近寄りがたく声もかけづらいなと思ってしまいます。でも実のところ、私たちが彼らを誤解しているだけかもし...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
最近、何かと耳にする「マイナンバー制度」。その概要、あなたはきちんと理解していますか?制度が導入されると、私たちの暮らしは、一体どのように変化するのでしょ...
どうやら大勢で群れている女性よりも、群れから離れて一人で過ごしている一匹狼タイプの方がモテるらしい…。でも、その魅力って一体何なのでしょうか?1.群れてい...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...