世界の若者1200人の「マイルーム」。その人生まで鮮烈に。

私は世界じゅうの若者のベッドルームを撮影した。55カ国、1,200人。

この写真集には、その中から84名の部屋を掲載している。

2018年3月16日に発売された写真集、『My Room 天井から覗く世界のリアル 』は、フォトグラファーのJohn Thackwrayによる、6年にも渡る撮影プロジェクトの集大成。

とはいっても手法は単純で、彼は全世界の「若者の自室」をただただ、天井から同じ構図で写真に収めていっただけなのだ。

でも出来上がったものに、世界はざわめいた。

宮殿暮らしも、その日暮らしもいた。

各々の写真の背景には、物語、インスピレーション、指紋のように個性的な特徴があった。

私は世界でもっとも恵まれていない人々にも、もっとも特権のある人々にも会う機会を得た。

一見何の変哲も無い「日常」の「部屋」の羅列。でもそこからは鮮烈に、生々しく世界の縮図が浮かび上がっていた。同時に、ひとりひとりの血の通った人生も。

今ここで紹介できるのは、ほんの一部だけ。それでも部屋、表情、そして入れてみた少しのヒント、などの隅々まで目を通して、被写体たちがどんな人生を送ってきたか、世界のどんな立ち位置にいるか、何よりどんな人間か、予想してみて欲しい。

銃社会がフツウ。
人を殺すのは武器じゃなく、人。

(22歳 アメリカ)

育ちはジャングル。
大学なんて前代未聞だった。

(24歳 ペルー)

独特の文化が自慢の国、でも
「進路に芸術」は止められた。

(26歳 日本)

初対面の人とのお見合い婚が
「不名誉だ」なんて。

(25歳 インド)

カーストの最下級、不可触民。

(18歳 インド)

努力せず楽しめて、家も大きい

(23歳 アラブ首長国連邦)

農業は嫌い。絶対、大嫌い。
でも足はつねに泥の中

(18歳 ケニア)

14歳で組織に。
人を刺し殺したことも。

(25歳 南アフリカ)

「選ばれるもの」は、ほんのわずか

(21歳 フランス)

みんな生きていて、
世界はこんなにも鮮やかだ。

どう?あまりの多様さ・不平等さに驚いた人も多いのでは。これが世界のリアルで、みんなここで毎日息していて、これが「日常」なんだ。

彼らが本当のところどんな人かって答え合わせは、実際にを手にとって欲しい。もっともっと紹介したかった写真も載ってるし、彼らのコメントや、人生、哲学もきちんと述べられているから。

結びにも、写真集の中の少女の言葉を引用しよう。

「私にとって部屋は、人生の大部分を象徴している場所

なぜならそこは私が寝る場所であって、くつろぐ場所でもあり働く場所でもあり、そして何よりも、夢を見る場所であるからです

では、あなたの部屋はどんな部屋?

関連する記事

いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
お気に入りの「マイアイテム」をアップデートしてみませんか?ストロー・綿棒・醤油など、みんなとは被らない自分だけの「マイアイテム」を探してみよう!
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
先日「スタジオジブリ」の公式Twitterに投稿された、「ピクサー」から宮崎駿監督宛てに贈られたという、愛の込もったメッセージボードが話題を集めている。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
住所非公開、完全会員制。アイソレーションタンク、メディテーションルーム、クリエイティブラウンジを併設した新時代のリトリートラウンジ「UNBORN」がオンラ...