世界の若者1200人の「マイルーム」。その人生まで鮮烈に。

私は世界じゅうの若者のベッドルームを撮影した。55カ国、1,200人。

この写真集には、その中から84名の部屋を掲載している。

2018年3月16日に発売された写真集、『My Room 天井から覗く世界のリアル 』は、フォトグラファーのJohn Thackwrayによる、6年にも渡る撮影プロジェクトの集大成。

とはいっても手法は単純で、彼は全世界の「若者の自室」をただただ、天井から同じ構図で写真に収めていっただけなのだ。

でも出来上がったものに、世界はざわめいた。

宮殿暮らしも、その日暮らしもいた。

4866007290085376

各々の写真の背景には、物語、インスピレーション、指紋のように個性的な特徴があった。

私は世界でもっとも恵まれていない人々にも、もっとも特権のある人々にも会う機会を得た。

一見何の変哲も無い「日常」の「部屋」の羅列。でもそこからは鮮烈に、生々しく世界の縮図が浮かび上がっていた。同時に、ひとりひとりの血の通った人生も。

今ここで紹介できるのは、ほんの一部だけ。それでも部屋、表情、そして入れてみた少しのヒント、などの隅々まで目を通して、被写体たちがどんな人生を送ってきたか、世界のどんな立ち位置にいるか、何よりどんな人間か、予想してみて欲しい。

銃社会がフツウ。
人を殺すのは武器じゃなく、人。

5302085251760128

(22歳 アメリカ)

育ちはジャングル。
大学なんて前代未聞だった。

4913098653696000

(24歳 ペルー)

独特の文化が自慢の国、でも
「進路に芸術」は止められた。

6245221952126976

(26歳 日本)

初対面の人とのお見合い婚が
「不名誉だ」なんて。

5421562383564800

(25歳 インド)

カーストの最下級、不可触民。

4610585584992256

(18歳 インド)

努力せず楽しめて、家も大きい

6547462290407424

(23歳 アラブ首長国連邦)

農業は嫌い。絶対、大嫌い。
でも足はつねに泥の中

4894237304815616

(18歳 ケニア)

14歳で組織に。
人を刺し殺したことも。

5997194704322560

(25歳 南アフリカ)

「選ばれるもの」は、ほんのわずか

4809162592616448

(21歳 フランス)

みんな生きていて、
世界はこんなにも鮮やかだ。

どう?あまりの多様さ・不平等さに驚いた人も多いのでは。これが世界のリアルで、みんなここで毎日息していて、これが「日常」なんだ。

彼らが本当のところどんな人かって答え合わせは、実際にを手にとって欲しい。もっともっと紹介したかった写真も載ってるし、彼らのコメントや、人生、哲学もきちんと述べられているから。

結びにも、写真集の中の少女の言葉を引用しよう。

「私にとって部屋は、人生の大部分を象徴している場所

なぜならそこは私が寝る場所であって、くつろぐ場所でもあり働く場所でもあり、そして何よりも、夢を見る場所であるからです

では、あなたの部屋はどんな部屋?

彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?