世界は変えられる。子ども版「社会活動家」5人の取り組み。

日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。昨年のクリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知らない人を助けてみない?と、GoFundMeが5人の子供たちを紹介しました。

みんな大人顔負けの社会活動に取り組んでいます。それぞれの子供たちの取り組みをみてみましょう。

Waltくん
里子の子どもたちへ
パジャマを届ける

85d7980d92b21ee8ac6f1d483cc6a00a566cbdc9

Waltくんの取り組みは「pajama drive」と呼ばれるもの。里子の子どもたちへパジャマをあげるという取り組みです。

285e88a53aa12a59c6e982d7c5d80b8a39ed3007

一つの家にずっといられるとは限らない里子たちは、ある家でもらったおもちゃを別の家へと持って行くことはできないことが多いようです。でも、パジャマだったら次の家へと持っていける。温かくて、気持ちがよくなれる。Waltくんがパジャマに着目したのはそこでした。

Khloeちゃん
ホームレスの人たちに
身だしなみ用品を渡す

Ecf459f113d9113b1432c6a1fcff696501df7fa7

いつも通学路にいたホームレスの女性が気になったのが活動のきっかけだというKhloeちゃん。ホームレスの人たちが自分で使える身だしなみ用品が必要だ、とバッグに必要なものを詰めて手渡すことにしました。

5dc623a84e7e246bd880002590e833fc47802815

清潔になれば誰だっていい気分になるもの。どんな人でもセルフケアが必要なんだという発想です。

31085ab6d58390ede9b36e5966432a5b13ad63fe

街に出かけてバッグを手渡します。「ありがとうってハグしてもらえると、やってよかったって気分になるの」と笑顔で語るKhloeちゃん。

Amiahちゃん
「学校給食借金」をなくしたい

6ce699df5d04d8bf77bc76c997c24a4bf462d53b

Amiahちゃんの取り組みは、子どもたちの「学校給食借金」をなくすことです。子どもたちの中には、貧しくて学校給食のお金を払うことができない子が。ゆえに、この学校給食借金に頼らざるをえない状況。

1c1e5633a72c69c9fb56db842e6ac6f2a5389cb9

自分の住むアイダホ州にもこの借金があるのだと知ったAmiahちゃんは「LEMONADE 4 LUNCH」というプロジェクトを始めました。

541c51108b2c3f1bbd63818c383ddba4872b6dbf

手作りのレモネードをふるまい、「給食のお金が払えない子がいる」ということを知ってもらうことで、取り組みに賛同してくれた人からの寄付を集めています。

Paulくん
親友に新しい車椅子を買ってあげたい

67fe5d5c46cc82e1a78da1bfd01082a48cabb712

Paulくんにはいつも一緒の親友、Kamdenくんがいました。Kamdenくんは生まれつき脚に障害があり、車椅子での生活をしていました。

3d016a199140d4041bf177fbd98d0e028a038e77

Kamdenくんの車椅子は重くて、前に倒れてしまうことも多くありました。「しかも、幅が広くてトイレのドアが通れないんだよ!」とPaulくん。新しい車椅子があれば、Kamdenはもっと自分でできるようになることが増えて、もっとたくさん遊べるのに、とKamdenくんに新しい車椅子を買うための寄付を募りました。

251402d398994b490cd2c2d67216d21f3ed6a315

ちなみに、この寄付プロジェクトは成功!Kamdenくんは新しい車椅子を手にして、Paulくんよりも速く走れるようになったそうです。

Ashleyちゃん
ホームレスの人を助けたい

59dda35ce78ba65c391340fc4457f11a5a2ed5d8

「コミュニティーの力になりたい」と思っているAshleyちゃんの取り組みはホームレスの人たちを助けること。

Aafc5b2c07ee33afd472beb7a73b44a843554fa7

そのために、コミュニティーガーデンでホームレスの人たちに食事を振る舞うための畑づくりに参加しています。

81f216b67d81ccb0ee208bf10ad1647263fc05fe

みんなで力を合わせれば世界が変えられる、たくさんの子どもたちが、そう信じて活動を続けています。

クリスマスは子どもたちにとってはプレゼントが「もらえる」時期。だけど、そんな時期に人に「与えたい」と思って活動をする子どもたちもいます。

いくつになっていても、世界を変えるために何かできるかも、と大人に気づきを与えてくれますね。

Licensed material used with permission by GoFundMe
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
米造形作家による作品です。
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...