世界は変えられる。子ども版「社会活動家」5人の取り組み。

日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。昨年のクリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知らない人を助けてみない?と、GoFundMeが5人の子供たちを紹介しました。

みんな大人顔負けの社会活動に取り組んでいます。それぞれの子供たちの取り組みをみてみましょう。

Waltくん
里子の子どもたちへ
パジャマを届ける

Waltくんの取り組みは「pajama drive」と呼ばれるもの。里子の子どもたちへパジャマをあげるという取り組みです。

一つの家にずっといられるとは限らない里子たちは、ある家でもらったおもちゃを別の家へと持って行くことはできないことが多いようです。でも、パジャマだったら次の家へと持っていける。温かくて、気持ちがよくなれる。Waltくんがパジャマに着目したのはそこでした。

Khloeちゃん
ホームレスの人たちに
身だしなみ用品を渡す

いつも通学路にいたホームレスの女性が気になったのが活動のきっかけだというKhloeちゃん。ホームレスの人たちが自分で使える身だしなみ用品が必要だ、とバッグに必要なものを詰めて手渡すことにしました。

清潔になれば誰だっていい気分になるもの。どんな人でもセルフケアが必要なんだという発想です。

街に出かけてバッグを手渡します。「ありがとうってハグしてもらえると、やってよかったって気分になるの」と笑顔で語るKhloeちゃん。

Amiahちゃん
「学校給食借金」をなくしたい

Amiahちゃんの取り組みは、子どもたちの「学校給食借金」をなくすことです。子どもたちの中には、貧しくて学校給食のお金を払うことができない子が。ゆえに、この学校給食借金に頼らざるをえない状況。

自分の住むアイダホ州にもこの借金があるのだと知ったAmiahちゃんは「LEMONADE 4 LUNCH」というプロジェクトを始めました。

手作りのレモネードをふるまい、「給食のお金が払えない子がいる」ということを知ってもらうことで、取り組みに賛同してくれた人からの寄付を集めています。

Paulくん
親友に新しい車椅子を買ってあげたい

Paulくんにはいつも一緒の親友、Kamdenくんがいました。Kamdenくんは生まれつき脚に障害があり、車椅子での生活をしていました。

Kamdenくんの車椅子は重くて、前に倒れてしまうことも多くありました。「しかも、幅が広くてトイレのドアが通れないんだよ!」とPaulくん。新しい車椅子があれば、Kamdenはもっと自分でできるようになることが増えて、もっとたくさん遊べるのに、とKamdenくんに新しい車椅子を買うための寄付を募りました。

ちなみに、この寄付プロジェクトは成功!Kamdenくんは新しい車椅子を手にして、Paulくんよりも速く走れるようになったそうです。

Ashleyちゃん
ホームレスの人を助けたい

「コミュニティーの力になりたい」と思っているAshleyちゃんの取り組みはホームレスの人たちを助けること。

そのために、コミュニティーガーデンでホームレスの人たちに食事を振る舞うための畑づくりに参加しています。

みんなで力を合わせれば世界が変えられる、たくさんの子どもたちが、そう信じて活動を続けています。

クリスマスは子どもたちにとってはプレゼントが「もらえる」時期。だけど、そんな時期に人に「与えたい」と思って活動をする子どもたちもいます。

いくつになっていても、世界を変えるために何かできるかも、と大人に気づきを与えてくれますね。

Licensed material used with permission by GoFundMe
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
イギリスで出版された絵本『グレタとよくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子』が2月に日本でも発売。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさ...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
小さくてキュートな見た目と本格的なチョコレート作りで知られる人気ショコラティエ店「ベルアメール」から、クリスマス限定の「パレショコラ アドベントカレンダー...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
国連が制定した「世界食糧デー」に合わせ、おにぎりの写真を「#OnigiriAction 」とともにSNSなどに一枚投稿すると、協賛企業から給食5食分に相当...
「メルカリ」は外出自粛要請を受け、寄付プロジェクト「Stay Home & Share Smiles」を実施中。おうち時間を充実させてくれるような出品をす...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
「PARK SSC」は、サッカーボールをひとつ購入すると、同じ型のサッカーボールが恵まれない環境にある子どもたちに届けられるなど、サッカーを通じて世界とつ...