本気で「世界を変えるかもしれない」子どもたちのナイスアイデア

世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi-Fiスポット、ノートパッドなども。

そうした世界を変える発明品が、じつはある子どものアイデアコンテストから登場したらしいのです。それが「littleBIGidea」。

以下は2016年の子どもたちの発明品。子どもながらのおかしな発想と、すぐにでも開発できそうなアイデアが混在してて、おもしろい!

01.
絆創膏ディスペンサー

小学3〜4年生部門の最優秀賞に選出されたのは、Brigette Venerisの「バンドエイドディスペンサー」。絆創膏を台紙からはがすとき、ペタっとテープの部分が重なり合ってしまうことがありますよね。

絆創膏と格闘するのを見て、彼女はこれを「医療現場でナースに使ってもらえたら」と発明したそう。

02.
フードリサイクルアプリ

小学校5〜6年生部門からは、人々が残した食べものを持続可能な方法でリサイクルするためのアプリ。Dylan Bathgateのアイデアは、不要な食料を集めるちょっとした秘訣をいろいろと指南してくれものだそう。たとえば、コンポストやミミズによる分解農場など。

03.
スマートスプリンクラー

中学1〜2年生部門で受賞したのは、Kern Mitchell。彼のアイデアは「スマートスプリンクラー」システム。これはスプリンクラーの散水エリアをセンサーが自動的にマッピングし、散水する半径や回転を記録するもの。それにより、節水を促すシステムなんだそう。

04.
ながらスマホ禁止ボックス

大人たちがやってしまう“ながらスマホ”を子どもたちは危険に感じているからこそ、こういうアイデアが生まれるんでしょうね。Anberleyが「Black Spot」と名付けたこの発明、運転中はこの箱にスマホを入れておくことで、一切の電波をシャットアウト。

05.
アイスキャンディ服薬

ちょっぴり苦い薬でも、アイスキャンディのバーみたいになっていれば、子どもたちは嫌がらない。こんなアイデアから生まれたのが、Ava考案の「MediPokes」。

06.
困っている人のための
無料自動販売機

困っている人のための無料自動販売機、この親切な発明はOliviaのもの。みんなからの寄付は販売機の中に。困っている人(ホームレスが対象だそう)たちは、事前に申請した登録カードをスワイプすることで、必要な商品を得ることができる仕掛け。

07.
食事摂取量支援メーター

この「Gobblemat」と名付けられた計量器は、一日の食事の量をコントロールしながら健康を支援するサポート機器。Calvinのこのアイデア、いつ実用化されてもおかしくないかも。

08.
海難救助ネット

海で遭難した人を救助するためのアイデアとして、Ethanが考えたのは12面体の硬質ネットを遭難者付近に広げ、そこに遭難者が入るとサッカーボールのように立体となって遭難者を確保するというアイデアでした。

09.
第五の審判

Mollyのアイデアは、サッカーコートのラインをボールがまたいだら、自動で感知し、それをランプ点灯で知らせる装置。それもソーラーパワーを使用するようです。これで微妙な判定もなくなる!?

10.
食品ロス防止
バーコードリーダー

食品ロスを未然に防ぐアプリ「waste Not」を発明したのはImogen。バーコードをスマホでスキャンするだけで、賞味期限がどのくらいに迫っているかを教えてくれるもの。でも、これなら普通に描いてある…そこで、これ以外にもオススメレシピを紹介してくれる機能もあるんだそう。

11.
ロックチェッカーキー

車がきちんとロックされたかどうかがランプで確認できる、インジケーター機能付きのキーをデザインしたRebecca。これも即実用化できそうなアイデアですよね。

Licensed material used with permission by Origin’s littleBIGidea competition
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...