風景にとけ込むカップルの趣味が、いつしか企業広告に。

背景の建物と、衣装や小道具とのマッチングは、見ているだけでわくわくさせる絶妙な没入感があります。ここまで建物と人物をシンクロさせたポートレイトは、そう多くはないはず。

「外の世界」は
アイデアがいっぱい

あふれる想像力でこれら個性的な写真は撮るのは、バレンシアを拠点とするフォトグラファーDaniel Ruedaさん。

「遊び心をもって、もっとワクワクすることをしたい」と、恋人のAnnaさんとともに、ユニークな建物や場所とのコラボレーションを始めたそうです。すると「広告として起用したい」と大手飲料メーカーや自動車メーカーなどからオファーが。

彼らのアイデアは、いったいどこから湧いてくる?Danielさんにインタビューしてみました。

ーー独創的な写真が多いけれど、どのようにアイデアを得ていますか?

Daniel:雑誌や映画からインスパイアされることもあるし、頭に浮かんだイメージを生かすこともあります。例えば、窓がたくさんある場所や黄色にペイントされた場所で撮りたいというイメージが浮かんでそれに合う建物を探したり、その逆もある。常に創作意欲が湧くようなクリエイティブな場所を探しています。

ーー頭の中にイメージが浮かぶとは?具体的な状況を教えてください。

Daniel:日常にもアイデアは転がっているんですよね。例えば、彼女が新しく赤い傘を買った時がそうでした。手にする様子を目にして「あ、なんかイイ」と思った後に、その姿とマッチする建物を探し始めたんです。これはアイデアが先にきたパターンかな。

インプットはGoogle Earth
アウトプットは無限大

ーーユニークな建物の前で撮影されていますが、どうやってロケーションを探し当てるのですか?

Daniel:今住んでいるバレンシア市内だとしたら、自転車で街中をまわりって面白い場所を徹底的に探します。

ーーだけど、それではネタが尽きてしまいませんか?

Daniel:そんなことはありません。バレンシアはモダンな建物もあれば、バルセロナのように古い建築物もある。バルセロナと比べてもごちゃごちゃしていないところが好きです。古さと新しさがいい具合に入り混じっているから、飽きることがないんです。海岸まで見渡せる見晴らしのいい場所もあって本当最高。

ーー市外のロケハンは?

Daniel:国外も含め、バレンシア市外になるとGoogleマップを使います。アイデアが先行していればリサーチは数時間で終わる。ゼロから探す場合だと、数日かかることもありますよ。

ーー国外というとどの国ですか?

Daniel:デンマークやドイツ…他にもたくさん。ほとんどがヨーロッパですけどね。

ーー服装が建物やスポットと一致しているのが面白いですね。

Daniel:服を合わせる場合は、アイデアが必ず先にあって、どれを着たらマッチするか、プラン立ててから撮影場所へと赴きます。自分たちが目立つのではなく、建物のデザインが映えるようにと心がけています。

ーーそもそもなぜこれほど建築に興味があるのですか?

Daniel:小さいころ僕の家族は引っ越しが多くて。たくさんの場所へ行って、いろんな街並みを見てきたからかもしれません。ちなみに写真を始めたのは父親がカメラマンだったことが影響しています。いつから始めたかは覚えてなくて、物心ついた時からカメラを握っていたそうだから。

ーーあえて聞きますが、作品を通して伝えたいことはありますか?

Daniel:特には…やっぱないかな(笑)。僕たちとしては趣味と考えていて。他にメインで生活のためにやっている仕事もあるので。でも2年ほど前から企業と組んで収入も得ているから、数年後にはこっちをメインにしていきたいと思っています。映画もやりたいし、これまではマイナーなブランドばかりだったけれど、ファッション業界とももっと組んでいきたい。でも完全にこれだけということにはしたくないんです。インプットも必要だし、常に他のことも平行してやっていけたら最高ですね。

Licensed material used with permission by Daniel and, Anna
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?前回はミシュラン三ツ星レストランを題材にして...
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
「組み合わせてみたら意外にフィットするもんだな」と、クリエイターのLea Brisellの写真を見て思ったんです。でも、“まさかのモノ”同士がピッタリとあ...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
マクドナルドやイケア、ペリエ。どれも企業の色が出ていて、ユーモアに溢れてます!
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。