見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです。

そもそものきっかけは、代表のJihanが友だちの誕生日にバルーンをプレゼントしたことだったとか。思った以上に喜んでもらえたことに驚いたJihanは「これだ!」と思ったのだそう。

2011年にスタートした制作活動も、今では何人かのセレブの目にも止まり、シークレットライブやパーティ、企業とのコラボなど、その活躍の場を広げているそう。見ているだけでも楽しくなっちゃう作品たちを見てみましょう!

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

最後は、制作作業中のスタジオ内の写真です。

大小さまざまなバルーンの組み合わせや、まるで泡のようにも見える手の込んだ装飾が人気の秘訣というGeronimo Balloons。Jihanはこう語ります。

「カラフルなバルーンで、世界にたくさんのハピネスを届けるためよ」

彼女たちの他の作品は、ウェブサイトInstagramでもチェックできますよ。

Licensed material used with permission by Geronimo Balloons
2011年以来、JIHAN ZENCIRLIは屋外をバルーンで埋め尽くす『geronimoballoons』プロジェクトに取り組んでいます。世界を今よりも...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...