見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです。

そもそものきっかけは、代表のJihanが友だちの誕生日にバルーンをプレゼントしたことだったとか。思った以上に喜んでもらえたことに驚いたJihanは「これだ!」と思ったのだそう。

2011年にスタートした制作活動も、今では何人かのセレブの目にも止まり、シークレットライブやパーティ、企業とのコラボなど、その活躍の場を広げているそう。見ているだけでも楽しくなっちゃう作品たちを見てみましょう!

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

最後は、制作作業中のスタジオ内の写真です。

大小さまざまなバルーンの組み合わせや、まるで泡のようにも見える手の込んだ装飾が人気の秘訣というGeronimo Balloons。Jihanはこう語ります。

「カラフルなバルーンで、世界にたくさんのハピネスを届けるためよ」

彼女たちの他の作品は、WEBサイトInstagramでもチェックできますよ。

Licensed material used with permission by Geronimo Balloons
他の記事を見る
2011年以来、JIHAN ZENCIRLIは屋外をバルーンで埋め尽くす『geronimoballoons』プロジェクトに取り組んでいます。世界を今よりも...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
美術館にあるアートは触らないのが原則です。ほとんどの場合、ちゃんと「触らないでください」というサインも用意されています。そんなダメだと言われていることをや...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...