もしや影の支配者?「こっそりと動く」ストリートアートたち。

街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏とかトンネルとか、人目につかない場所にあるからなおさら。

ただ、見られてないのをいいことに、こっそり動いているのかもしれませんよ?

知らないうちに
それは動いている、かも。

Original work byLight (by Sr. X)

光と闇を操る者。

通りすがりのおばあちゃんも、一緒にゆらゆら。

Original work bySokram

ギョロ。ニヤリ。ふふふふふ。

Original work bySweet Home (by Sr. X)

いえいえ。そこは、あなたの家じゃないんです。

Original work byLevalet

世界で一番スリリングなビリヤード。

Original work byPhlegm

ガシャーン。ガシャーン。人間の住処を作っているのは、この俺さ。

Original work byRed Hole

ドクンドクンと、心臓の鼓動が聞こえてきそう。

Original work byWorld (By Sr. X)

よいしょ。よいしょ。バシャーン!って、やると思ってました。

Original work by(V)

「街中にあるストリートアートだけど、ほとんどの人がPCやスマホなどスクリーンで見ている。それに、動きを与えて、深い意味を持つ壁の存在をもっと世の中に広めたい」。

こんんな思いから、スペインで活躍するアーティストのA. L. Cregoさんは、アニメーションを作りました。

彼の作品を見たあとは、なんだか隠れたラクガキたちを探しに出かけたくなりませんか?

Licensed material used with permission by A. L. Crego
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
「Airbnb」から夏にピッタリの新感覚バーチャル体験が登場。「夏の風物詩」であるお化け屋敷、花火、お祭り、富士登山と、家族や友人たちと楽しめるコンテンツ...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
次世代スマートゴミ箱「T Air X」が「Makuake」に登場。これがあれば、フタに触れることも、ゴミ袋を縛ることも、新しい袋のセットも必要ない。
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
ストローで飲めて、飲み歩くにも丁度良い、ひんやりなめらかな新触感飲料「飲む茶碗蒸し」が誕生!「季旬 鈴なり」店主・村田明彦氏と「にんべん」の「日本橋だし場...
1984年に世界で初めてストラップ付きスポーツサンダルを開発した「Teva」が、米国の次世代アウトドアブランド「Cotopaxi」とコラボレーション。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
場所は、カリフォルニア州レッドウッドシティのダウンタウン。ストリートを歩くとちょっとヘンな状況に気づく。何がヘンって?影ですよ、影。それにしても、何かほの...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...