もしや影の支配者?「こっそりと動く」ストリートアートたち。

街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏とかトンネルとか、人目につかない場所にあるからなおさら。

ただ、見られてないのをいいことに、こっそり動いているのかもしれませんよ?

知らないうちに
それは動いている、かも。

Original work byLight (by Sr. X)

光と闇を操る者。

通りすがりのおばあちゃんも、一緒にゆらゆら。

Original work bySokram

ギョロ。ニヤリ。ふふふふふ。

Original work bySweet Home (by Sr. X)

いえいえ。そこは、あなたの家じゃないんです。

Original work byLevalet

世界で一番スリリングなビリヤード。

Original work byPhlegm

ガシャーン。ガシャーン。人間の住処を作っているのは、この俺さ。

Original work byRed Hole

ドクンドクンと、心臓の鼓動が聞こえてきそう。

Original work byWorld (By Sr. X)

よいしょ。よいしょ。バシャーン!って、やると思ってました。

Original work by(V)

「街中にあるストリートアートだけど、ほとんどの人がPCやスマホなどスクリーンで見ている。それに、動きを与えて、深い意味を持つ壁の存在をもっと世の中に広めたい」。

こんんな思いから、スペインで活躍するアーティストのA. L. Cregoさんは、アニメーションを作りました。

彼の作品を見たあとは、なんだか隠れたラクガキたちを探しに出かけたくなりませんか?

Licensed material used with permission by A. L. Crego
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
場所は、カリフォルニア州レッドウッドシティのダウンタウン。ストリートを歩くとちょっとヘンな状況に気づく。何がヘンって?影ですよ、影。それにしても、何かほの...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...