「スケッチブックごと」そのまま外の世界へ飛び出す

david troquierが生み出すのは、自らのカラダを生かして動き回るスケッチブック。彼がペンを握り描くと、二次元の住人たちは、命を吹き込まれたように各々の人生を謳歌しだす。

まずは、紙の中にいながら、現実で暮らす人々の生活を覗いてみましょう。

一人ひとりに物語がある

私たちと同じように生きる紙の中の住人たち。この漫画とストリートアートをミックスした『CartoonBombing』シリーズは、どこに行っても子どもの視点を意識しながら、スケッチブックに描くdavidだからこそ生まれたものです。

彼の絵を見ていると、友人のように人形やオモチャと夢中になって遊んだ幼い頃を思い出しませんか?

Licensed material used with permission by troqman(Instagram), (Facebook)
他の記事を見る
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
アーティストvexx_artことVince Okermanは、大学で経済を学ぶごく普通の18歳。高校時代、勉強の合間に描いた何気ない“ラクガキ”が、友人た...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
海で泳いでいるはずの生き物が雲海から飛び出したり、空にあるはずのものが地上にあったり。Justin Petersさんの作品には、想像を超える世界が広がって...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...