親友の声になるために、僕は街に描きつづける。

壁にラブレターを描けるのは、アーティストの特権だと思った。

ガーナ人のNeequaye Dreph Dsaneさんは、イギリスの街に絵を描き続けている。モデルは全員親友。それぞれの信念を持ち、社会的活動にはげむ人たちだ。

僕は絵描きだから、描くことで、彼らの活動を広く届けたいんだ。背中を押すためにね。

君がもっと、
強くなれるように。

Shiva / Bboy Pro

shivaは12歳で、3年前からプロのダンサーをしている。彼の故郷は、世界で3番目に大きいと言われている、インドのスラム街「ダラヴィ」。

このダンスに魅せられて、僕は子どもの頃に抱いていた情熱を思い出したんだ。

Mimi Fresh / デザイナー
Mo / ガーナグラフィティ団 創設者
Shaney Blackman / トラベラー
Abe Odedina / アーティスト
carleendesozer / アーティスト
Elijah
Linett / 芸術の教育者
Sidd Sap / アーティスト
Leyla / 性的虐待への心理療法士
Licensed material used with permission by Neequaye Dreph, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...