旅する「ノマドアート集団」が、世界の壁を彩っていく

ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。

目的地では壁画を中心としたイベントを開催し、地域の活性化につなげているという。旅をつづける彼らからはノマド的な要素を感じる。ある意味、現代らしいアートのかたちと言えそうだ。

ペイントでつなぐ
「地域」と「人」

「POW! WOW!」は2010年から活動を続けていて、これまで米国内ならオースティン、ロングビーチ、ウースターといった比較的小さな街を中心にまわってきた。その理由を創設者のJasper Wong氏はこう語っている。

「大きい場所より小さい街でアート活動をおこなったほうが、より意義深いしインパクトが強い。最近はイスラエルのテルアビブへ行ったけれど、地元の人もかなり喜んでくれたよ」

彼らは地元のアーティストたちとコラボレーションもしていて、地域のクリエイティブな面の底上げも狙っている模様。イベントにはミュージシャンが参加したり、トークショーを行うことも。

イスラエル・テルアビブ。後ろに見える海の青に負けない爽やかなブルーが印象的。

イスラエル・アラドのストリートで活動した時のもの。入り口にいる猫が可愛い。

こちらは拠点となるハワイでのもの。

テキサス州・オースティン。まるで青空に虹がかかったよう。

台湾にあるペイントは、気付かず見上げると少しビックリしてしまいそう。

最後は神戸。興味津々に見ているのは、偶然通りかかった人だろうか?

「POW! WOW!」の目的についてJasper氏に尋ねたところ、「世界中を彩っていくこと」と答えてくれた。大きな夢と野望を抱えて、これからも人々を笑顔にしていくことだろう。あなたの街もいつかカラフルに変身する日がくるかも。

Licensed material used with permission by POW WOW Hawaii
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
アラサー・独身・彼氏なしの三重苦を背負った広告クリエイター・坂田ミギーさんが世界一周のひとり旅で学んだ「自分らしく生きる方法」とは? 『旅がなければ死んで...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
伊勢の産物を使ったモノづくりで、「皆様へほんまもんの伊勢のもんを届けたい。長年お世話になった伊勢へ恩返しがしたい」と、伊勢神宮に奉職して38年が過ぎた73...
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
フランスのラスコー洞窟の絵画のように、人類は太古から、自分たちの願望や精神世界を壁画として描き出してきた。現代でも、自分たちの家の壁にそれを行う集落がある...
旅には、人生が凝縮されています。
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...