アーティストの「嘆き」が刻まれたベルリンの壁でつくるアート

「差別、暴力、殺人…ネガティブな感情ばかりを想起させる」と、ベルリン在住のアーティストLigia Fascioniさんは、この街の歴史を象ってきた“壁”に対して人一倍の嫌悪を抱いています。

「大キライ」そう強調する彼女ですが、唯一、ベルリンの壁が語りかけてくる“想い”を感じているんだとか。いま、Ligiaさんはその想いに自分を重ね合せることで、作品を生み出しています。

キャンバスとしての
「ベルリンの壁」

1deac26be2ff2388799da86e90a7d0b0fbd08772B43910468ddf76274ad50fb976b9f30d70e200c8

Image by Ligia Fascioni

46982f33274d12243f3f2e24df94112c6c6d94a5

Image by Ligia Fascioni

Cbb8e6b07d84925f4f65512ba81fbbebfc17bff0

Image by Ligia Fascioni

F75896fbf21ca328589db3817e787dc9fd4bf7da

Image by Ligia Fascioni

58816bd37ec9eb2a9b3eb35744e4fac16e9a1dfe

Image by Ligia Fascioni

Ea00a1939d761f8350174d29764e220d2e03f0b5

Image by Ligia Fascioni

4611415d6ab33d3cce2a635d2c009e24fc032a5f

Image by Ligia Fascioni

ペンキの層に蓄積する
アーティストたちの“想い”

82c55790ad7265031c36c81048d3506c1f8a6876

1961年8月13日、一夜にしてつくられたこの壁によって、ベルリンは東西に分断されました。以来、たくさんのアーティストたちが、「少しでも“負の産物”に好感が持てるようにと描いてきたキモチ」。それがカタチとなって今日もなお残っているのがペンキの層だとLigiaさん。彼女の琴線に触れるものこそ、塗り重ねられたこの国の歴史そのものだったのではないでしょうか。

240354c7938593bc9fe50d02190ce690c8aea69f

そのポジティブな想いの結晶である「ペンキの層」をスキャンして、イラストを描いています。これらのカラフルなアートから、生きる強さを伝えたいようです。

Licensed material used with permission by Ligia Fascioni, (Instagram)
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こん...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。