アーティストの「嘆き」が刻まれたベルリンの壁でつくるアート

「差別、暴力、殺人…ネガティブな感情ばかりを想起させる」と、ベルリン在住のアーティストLigia Fascioniさんは、この街の歴史を象ってきた“壁”に対して人一倍の嫌悪を抱いています。

「大キライ」そう強調する彼女ですが、唯一、ベルリンの壁が語りかけてくる“想い”を感じているんだとか。いま、Ligiaさんはその想いに自分を重ね合せることで、作品を生み出しています。

キャンバスとしての
「ベルリンの壁」

Image by Ligia Fascioni

Image by Ligia Fascioni

Image by Ligia Fascioni

Image by Ligia Fascioni

Image by Ligia Fascioni

Image by Ligia Fascioni

Image by Ligia Fascioni

ペンキの層に蓄積する
アーティストたちの“想い”

1961年8月13日、一夜にしてつくられたこの壁によって、ベルリンは東西に分断されました。以来、たくさんのアーティストたちが、「少しでも“負の産物”に好感が持てるようにと描いてきたキモチ」。それがカタチとなって今日もなお残っているのがペンキの層だとLigiaさん。彼女の琴線に触れるものこそ、塗り重ねられたこの国の歴史そのものだったのではないでしょうか。

そのポジティブな想いの結晶である「ペンキの層」をスキャンして、イラストを描いています。これらのカラフルなアートから、生きる強さを伝えたいようです。

Licensed material used with permission by Ligia Fascioni, (Instagram)
andmore
他の記事を見る
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
WEBサイトは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...