本物と見紛う!超美味しそうな料理プレート

思わず、皿の上に手が伸びてしまいそうなくらい、美味しいディナープレートのご紹介。スマホの画面を通しても、いい香りが鼻先に届いてきそうな、この雰囲気が伝わりますか?

思わず、お腹が鳴ってしまう
ディナープレート

Food6

まずは、このマカロン。ひょいっとひとつ摘んだとしてもおかしくない見事な出来栄え。でも、これは白いお皿にリアルに描かれた絵なのです。
食欲をそそる料理イラストをディナープレートの上に描く達人、アーティストのJacqueline Poirierさん。陰影をつけて本物そっくりに表現する写実的技法が彼女の得意分野です。

Food12

例えばこのステーキ。網焼きの焦げの雰囲気から、肉汁したたるシズル感を見事に表現しています。見ているだけで、お腹が「グ〜」っと鳴ってきませんか?

Food17

なんと、これまでに1,500枚ものお皿に絵を描き続けているんだそう。パンケーキにターキー、チーズトースト、ピザ、チェリーパイ…。どれもPoirierさんの大のお気に入りなんだそう。

それでは、皆さん。
どうぞ、召し上がれ!

Food9

スクリーンショット 2015-10-15 21.14.56

Food5

Food15

Food8

Food14

Food2

スクリーンショット 2015-10-15 21.13.35

Food11

Food4

Food1

Food3

スクリーンショット 2015-10-15 21.14.15

Food13

スクリーンショット 2015-10-15 20.01.39

彼女を紹介する「My Modern Met」の記事によれば、 Poirierさんの活躍ぶりを知った、地元トロントのホテル「ザ・リッツ・カールトン」が、地元在住の著名アーティストのひとりとして彼女を迎え、現在ホテルのシグネチャーレストランTOCAの壁一面に、Poirierさんの作品を展示していると伝えています。

 Reference:My Modern Met
Licensed material used with permission by Jacqueline Poirier

恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
実はこれ、食品サンプルではないんです。
キャラ弁ならぬ、「キャラプレート」で話題のサマンサ・リーさん。彼女は2人の娘を持つマレーシア在住のママで、Instagramのフォロワーはなんと世界中に7...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
7月25日、あのハリウッドスターなどの名前が刻まれている星形プレートが粉々になっていたそう。
最近は栄養バランスが取れたドッグフードがたくさんあるけれど、米・テキサスに住むAshtonさんのママは、毎日愛犬のパピヨン「Tiny」のために、家族と同じ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
世界一の高級レストランと言われるSublimotionのディナーはVRやプロジェクションマッピングを用いた最新式。シェフから演出家まで超一流を集結した極上...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
一般的に、ホットプレートといえば黒くて丸い“アレ”。ところが、この「Table Grill Pure」は純白でオシャレと話題沸騰中なんです。ご覧の通り、カ...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...