曲げて、ねじって、料理に合わせて「カタチを変える」お皿です

繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふちだけを少し持ち上げ変化をつける。

これ、どちらも一枚のお皿の話。こんな融通が利いてしまうのが「すずがみ」です。

どんなカタチにしよう
盛り付けを“つくる”皿

すずがみを一度でも手にしたことがあれば、あまりの柔らかさにまず衝撃を受けることでしょう。その感触を音で表現するなら、間違いなく「ふにゃ」。

盛り付ける料理に合わせて好きなように曲げたり、ねじったり、手のひらで自在にアレンジをつけながら変化を楽しむ錫(すず)の皿。

でも、正しくは「皿」ではなく「板」という表現が正解。なぜなら食器としての用途だけでなく、たとえばくるくると巻くように曲げていけば、ドライフラワーや枝ものを一輪挿しに見立てて生けることもできるし、四隅を折り曲げてアクセサリーケースとして使うこともできるから。その柔らかさと等しく、目的を限定しない包容力が魅力。だから、どれだけ使ったとしても飽きがこない訳です。

ところで、この柔軟さの背景には熟練した職人技があるんです。彼らが奏でる「テンテンテンテン……」、これがポイント。

何度も叩くことで生まれる
紙のような柔らかさ

ナゼこれほどまでに錫の板が柔らかくなるのか?そこだけ簡単に紹介しますと、全国でも数えるばかりしかいない鍛金(たんきん)職人が、金槌でひたすら錫の板を叩いているから。裏も表も、丹念に叩いていくことで、曲げ伸ばしによる劣化が最小限になるんだとか。金属なのにどれだけ曲げてもカタチが元通りになる、すずがみはこうして生まれているんです。

テンテンテンテン、光沢ある錫の板にリズム良く金槌が振るいおろされていくと、そこにきれいな鎚目(つちめ)が文様となって現れる。繊細な柄は全部で3種類、サイズは4種類。取り皿用にSサイズ(13×13cm)はもちろん、大胆なアレンジを楽しむにはLサイズ(24×24cm)を揃えておきたいところ。

料理をつくる人も、それを楽しみに待つ人も、手のひらでカタチをつくりながら好きなように盛り付ける。大人が夢中になったって、いいんじゃない?

Licensed material used with permission by syouryu
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
心温まる動画をご紹介。
実はこれ、食品サンプルではないんです。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
思わず、皿の上に手が伸びてしまいそうなくらい、美味しいディナープレートのご紹介。スマホの画面を通しても、いい香りが鼻先に届いてきそうな、この雰囲気が伝わり...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...