曲げて、ねじって、料理に合わせて「カタチを変える」お皿です

繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふちだけを少し持ち上げ変化をつける。

これ、どちらも一枚のお皿の話。こんな融通が利いてしまうのが「すずがみ」です。

どんなカタチにしよう
盛り付けを“つくる”皿

すずがみを一度でも手にしたことがあれば、あまりの柔らかさにまず衝撃を受けることでしょう。その感触を音で表現するなら、間違いなく「ふにゃ」。

盛り付ける料理に合わせて好きなように曲げたり、ねじったり、手のひらで自在にアレンジをつけながら変化を楽しむ錫(すず)の皿。

でも、正しくは「皿」ではなく「板」という表現が正解。なぜなら食器としての用途だけでなく、たとえばくるくると巻くように曲げていけば、ドライフラワーや枝ものを一輪挿しに見立てて生けることもできるし、四隅を折り曲げてアクセサリーケースとして使うこともできるから。その柔らかさと等しく、目的を限定しない包容力が魅力。だから、どれだけ使ったとしても飽きがこない訳です。

ところで、この柔軟さの背景には熟練した職人技があるんです。彼らが奏でる「テンテンテンテン……」、これがポイント。

何度も叩くことで生まれる
紙のような柔らかさ

ナゼこれほどまでに錫の板が柔らかくなるのか?そこだけ簡単に紹介しますと、全国でも数えるばかりしかいない鍛金(たんきん)職人が、金槌でひたすら錫の板を叩いているから。裏も表も、丹念に叩いていくことで、曲げ伸ばしによる劣化が最小限になるんだとか。金属なのにどれだけ曲げてもカタチが元通りになる、すずがみはこうして生まれているんです。

テンテンテンテン、光沢ある錫の板にリズム良く金槌が振るいおろされていくと、そこにきれいな鎚目(つちめ)が文様となって現れる。繊細な柄は全部で3種類、サイズは4種類。取り皿用にSサイズ(13×13cm)はもちろん、大胆なアレンジを楽しむにはLサイズ(24×24cm)を揃えておきたいところ。

料理をつくる人も、それを楽しみに待つ人も、手のひらでカタチをつくりながら好きなように盛り付ける。大人が夢中になったって、いいんじゃない?

Licensed material used with permission by syouryu
ガラスファイバーと樹脂を掛け合わせた、割れない食器「ARAS」。生涯破損保証付き。
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に関わるみなさまから、“レシ...
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
新感覚のスパイス使いでこれまでのインド料理の概念を覆すモダンインディアンキュイジーヌ「SPICE LAB TOKYO(スパイスラボ TO...