素直に「ありがとう」を伝えられないアナタへ。

来週13日は、母の日。

どこかに外出してご馳走するのもいいけれど、お家でおもてなししてみませんか。

面と向かって感謝を伝えるのはちょっと恥ずかしいって人も大丈夫。オススメの伝え方があるんです。

特別感のでるお皿に
料理を乗せて

6220517031804928

"おもてなし”なんて書いてみましたが、料理はお皿に並べるだけでOK。

この『スレートディッシュプレート』という黒いお皿は、天然の粘板岩(ねんばんがん)で出来ていて自然な風合いが特徴。お洒落な雰囲気を出してくれます。

料理をのせる前にオリーブオイルなどの食用油を薄く塗ると、食材の油が染み込みにくく、洗うときも汚れが落ちやすいそうです。お手入れも簡単なので、そのままプレゼントしても良さそうですね。

けれどせっかくの特別な日、ここにオリジナルのメッセージを添えてはいかがでしょう。実はそこがこのプレートのもうひとつの魅力なんです。

さりげなく添える感謝のひと言

5615334530744320

ソープストーンペンシル』というペンを使って自由に絵や文字を書くことができます。

5392207355838464

ガリガリして書きづらいかなと思ったのですが、全然そんな事はなくむしろスラスラっと書けます。食材についたり、口に入ったりしても害のない素材で出来ているんだそうですよ。

6466879577128960

デザートをのせるとこんな感じ。

面と向かって伝えるのは、
ちょっと恥ずかしいから

5667019227660288

「いつもありがとう」

こんなに簡単な言葉なのに、改めて伝えようと思うとちょっと照れくさい。そんな時は、お皿に書いてみてください。「デザートあるよ」って差し出すだけでも、見ればきっと感謝は伝わるはずです。

みなさん、素敵な母の日を過ごしてくださいね。

Photo by Mami Higuchi
Licensed material used with permission by 株式会社 CB JAPAN, Instagram
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
うちのお父さんは、よく自分のことを「レディーなパパ」って呼んでいた。シングルファザーって、他の人からしたら同情しちゃうような笑えない話かもしれない。でも甲...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱい...
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...