お皿じゃなくて、そこ?

 

目玉焼きで乳首を表現してるの。

 

21歳のフォトグラファーsara lorussoが撮るのは、女性のからだのパーツを食べ物やお花にたとえた写真。際どいんだけど、なんだかチャーミング。

 

 

オンナのからだって、低俗に扱われたり、卑猥な目で見られたりするでしょ?でも、わたし、前からフルーツとかお花みたいだな、って思ってたの。そういうカラフルなものをからだのうえに置いたりして写真を撮ってみたら、「あ、かわいい!」って。

 

saraみたいに、もっと「性」を自由に表現できるといいよね!

 

Licensed material used with permission by sara lorusso
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるInstagramアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
一方通行のようなものもあれば、相互的のようなものもある。それぞれの関係が今も続いているのかはわからない。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
Sara Shakeelさんは、ありとあらゆるモノをグリッターとフュージョンさせて独特の世界を創りあげています。彼女のInstagramには、想像力が高ま...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。