お皿じゃなくて、そこ?

 

目玉焼きで乳首を表現してるの。

 

21歳のフォトグラファーsara lorussoが撮るのは、女性のからだのパーツを食べ物やお花にたとえた写真。際どいんだけど、なんだかチャーミング。

 

47636854656204804728074549592064537800618069196855685824695500806546068439302144603381332705280064959977105653764710723955458048560693491689062466067630380810245340906790060032

 

オンナのからだって、低俗に扱われたり、卑猥な目で見られたりするでしょ?でも、わたし、前からフルーツとかお花みたいだな、って思ってたの。そういうカラフルなものをからだのうえに置いたりして写真を撮ってみたら、「あ、かわいい!」って。

 

saraみたいに、もっと「性」を自由に表現できるといいよね!

 

Licensed material used with permission by sara lorusso
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるインスタアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作られている。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
一方通行のようなものもあれば、相互的のようなものもある。それぞれの関係が今も続いているのかはわからない。
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
家族や友だちが入院。お見舞いといえば…、お花を持って行くのもいいですが、花瓶がなかったり水を換えるのが大変ということも。また、フルーツも定番ですが、具合が...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...