「雲のような目玉焼き」は一度で二度おいしい。

エッグベネディクトにエッグスラット、卵を使った料理が次から次に登場するけれど、この“変わり目玉焼き”もかなりのクセモノ。

昨春、彗星のごとくInstagramに登場し、全米を騒がせ(はちょいと大げさ?)日本でも紹介された、あの「エッグインクラウド」が、今になって再熱。まるでデジャヴなこの感覚、でも海外のインスタは昨年にも増して大にぎわいです。

極上の“ふわとろ”に
食べる前から悩殺されるっ

Pho2u!さん(@pho2u)がシェアした投稿 -

白いわた雲の中に浮かぶ卵の黄身、その見た目を称して「エッグインクラウド(今年はどうやらCloud Eggと呼ぶみたい)」。いやぁ、じつにうまいネーミング。

で、今年はどうやらイギリスでもこれがブームのようで、BBCでもその人気ぶりとレシピを紹介するくらい。インスタ映えする料理のことをイギリスでは「grammable(グラマブル)」と表現するそうですが、このクラウドエッグはその典型。しかも卵1つで、つくり方も簡単でこれならできそう!と、SNSを中心に広まっていったんじゃないかと。

ひと手間かけてでも
気分がアガる朝食をどうぞ!

実際に自分でつくってみると分かるんですが、意外にこの“ふわとろ”がムズカシイ。最初は黄身に火が入りすぎちゃったり、黒焦げの雲ができたり。だから、うまく行った朝は間違いなくアガります(キッパリ!)。

最高のふわとろをどうぞ。

<つくり方>

卵を割って黄身と白身を分け、泡立て器で白身をひたすら泡立てメレンゲ状にします。
ツノが立つくらいに泡立ったら、お好みでパルメザンチーズを適量混ぜます。
耐熱皿やバットにふわふわの白身をのせて、中心にかるくくぼみをつくり、そこに黄身を落として220℃に熱したオーブンで4分ほど焼いていきます(オーブントースターでもOK)。

Licensed material used with permission by pho2u, dearestinny, yingyingvoon
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるインスタアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作られている。
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!