野菜と卵がドッキング!見た目もキュートなベジタブルエッグとは?

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

ごはんにもパンにも合う、朝の定番おかずといえば、目玉焼き。シンプルでおいしいんだけど、意外とアレンジが思い浮かず、最近は登場頻度が低めという人も多いのでは? ここでは、野菜の輪切りを使った、目からウロコの超簡単アレンジ術をご紹介します。

野菜の輪切りが
目玉焼きの型になる!?

_129479546

作り方は目玉焼きと同じ。わずか3ステップで完成します。

1.フライパンを熱し、油(小さじ1程度)を入れる。2.野菜の輪切りを投入し、その中に生卵をやさしく流し込む。3.水(大さじ1)を入れて、蓋をして蒸し焼きにする。

好みの固さになったらできあがり。とにかく見た目がカワイイ! このお花みたいにカラフルな目玉焼きアレンジは、フラワーエッグとも呼ばれているんですよ。朝からテンションが上がりそうですよね。

カラフル野菜で
目玉焼きをかわいくデコろう!

12_0660

この目玉焼きアレンジ、簡単でカワイイだけじゃありません! いろんな野菜でバリエーションを楽しめるのも魅力なんです。

赤玉ねぎやパプリカ、ゴーヤなどの輪切りにできる野菜のほか、オクラやヤングコーン、人参など小さめ野菜のスライスを好きな形に並べてフレームを作ってもOK。(※輪切りを使う野菜はなるべく直径が大きい部分を使用すると、卵が流れ出さずキレイにできますよ)

パンにのせたり、ベーグルにはさめば、忙しい朝でもカンタン手軽なおしゃれサンドに早変わり。また、お子さんの朝食に出せば、かわいい見た目につられて野菜嫌いや食欲不振を克服できるかも!? 栄養面もばっちり補えるベジタブルエッグ。まずは、冷蔵庫の中にあるお野菜でお試しくださいね!

アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴー...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...