家で食べる焼肉や野菜炒めをネクストレベルへ

この塩がどれぐらいウマいかというと“フツーのゆで卵をご馳走に変えてしまう”レベルだ。ということは、野菜と炒めた豚バラ肉や炭火で焼いた牛タンなんかにふりかけたら……そのウマサは推して知るべし。ほかのスパイスや調味料は必要はない。

ナニナニ、野菜炒めには胡椒があったほうが良い?牛タンにはレモンが必要?そりゃそうだ。僕もそう思う。だけど、この塩の味を知っている人ならみんなこう言うに違いない。

「いいから、一度塩だけで食べてみて」

個人的な体験でいえば、この塩を知ってから家焼肉やBBQがまったく別物となった。ハラミもカルビもロースもホルモンも玉ねぎもカボチャも椎茸も。すべての食材の味付けは、この塩に任せてしまって問題ない。時々、この塩の実力を知らないゲストが「えっ塩だけ?せめてワサビ醤油があるといいのに」なんてツウぶることもあるが、そんなヤツに限ってこの塩のトリコになる。最後には「うん、この塩だけでイケるね」とか言い出す。

とにかく味が濃いのだ。しょっぱいってわけじゃない。なんか、こう、丸っこいウマさ。丸いのに味が強い。我ながら味に関する語彙の少なさにウンザリするが、妙に言い得ている気もするのでもう一度。この塩は、丸いのに強い。

ピランソルト
©2020 NEW STANDARD
ピランソルト
©2020 NEW STANDARD

↑「幻の塩の花」という異名があるぐらい結晶が美しいんだけど、うまく撮れなかった。雰囲気だけでも(笑)。

この塩の名前は「ピランソルト」。

アドリア海に面したスロヴェニアのピランという街で作られている。どんなところなのか僕は全然知らない。だけど、うれしいことに、Amazonでも楽天市場でも検索すればすぐにピランソルトは見つかるし、1週間もすれば手元に届く。なんという幸せ!

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ

関連する記事

「大阪焼肉・ホルモン ふたご」の電源があればすぐに始められる「勝手にお家で焼肉ふたご」。限定1000セットで限定販売開始。
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
あれば何かと重宝するこのタレですが、1回のバーベキューでは使い切れず、持ち帰って冷蔵庫で眠らせたまま。心当たりある人は読んでみて。
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
「焼肉じょんじょん」は用意から片付けまでほとんどの作業を利用客自らがおこなうセルフの焼肉店。リーズナブルな価格を実現し、店舗にも複数のメリットを生んでいる。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
埼玉県の川口市で、動物性食材を使わないBBQを提供するサービスが開始。カラダとココロに優しい料理に加え、自然豊かな解放的なスペースで味わう「オーガニックな...
宅飲みやべランピングは、まだまだ楽しくなる!
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
今回は、新宿にあるbullsの「和牛ローストビーフ重」。ローストビーフの上に生ユッケが乗った贅沢な一品を実食!ついでに食べた和牛ネギトロ重もネギトロの域を...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
4月17日から「Apple TV+」にて配信されているドキュメンタリー「HOME」は、タイトルからもわかる通り、「家」という居住空間に焦点を当てた作品だ。...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...