間違ってた人も多いはず・・・野菜炒めに「強火」はNG!

「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」

料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?

「言われたとおり強火で一気に炒めているのに、べチャッとしている」

「野菜のうまみが出てしまっていて、美味しくない……」

そうなんです。強火は、必ずしも正解ではありません!

本当に美味しい野菜炒め
5つのポイント

988e446f0250c86c8d63f6aaf17ae64eb0b6ac35

1.野菜の大きさをそろえる
これだけでも、火の通りが均一になりますよ。

2.先に肉を炒める
弱めの中火で先に肉に火を通しておきます。肉がいちばんおいしく焼ける温度(180℃程度)と、野菜のおいしさが保たれる温度(40℃~60℃)が違うためです。火を通した肉は、野菜を炒めたあとに加えましょう。

3.弱火で炒める
野菜は弱火で8分~10分かけて火を通します。
弱火でじっくり炒めることで、野菜本来の甘みを引き出すことできます。また、細胞同士をつなぐ「ペクチン」という物質を壊さずに済むため、水分や旨味が流れ出さない=シャキッとした状態で食べられるのです。

4.こまめにアクをキッチンペーパーでふき取る
肉のアクはきれいにふきとり、野菜から出た水分や油分もキッチンペーパーでふき取ってください。余分な水分には、野菜のえぐみやアクなどが含まれているためです。

5.調理の最後に、塩分を加える
野菜に味をしみ込ませようとして、最初に調味料を入れたりするのはNG!塩が加わると野菜から水分が出てしまうため、調味料は肉を戻し入れた後に入れましょう。

一度は作って欲しい
基本のレシピ

【材料:1人分】
豚バラ薄切り肉:80g
塩こしょう:適量
にんじん:1/4本
キャベツ:3枚
もやし:1/2袋
塩:適量
こしょう:適量
ごま油:小さじ1


【作り方】
①豚バラ薄切り肉は4cm幅に切り、塩こしょうをふって下味をつける。にんじんは短冊切り、キャベツはひと口サイズに切る。
②フライパンを弱めの中火で熱し、豚バラ薄切り肉を焼いて取り出す。
③②のフライパンの粗熱がとれたらにんじん、キャベツ、もやしを入れ、ごま油を和えたら弱火にかける。2分に1回、上下をひっくり返すように混ぜ、火が通るまで加熱する。
④豚バラ薄切り肉を戻し入れ、塩こしょうで味を調える。

今回はシンプルに塩こしょうで味つけをしましたが、醤油やオイスターソースなど、お好みの調味料を使用してもOK。

料理の入門編ともいえる野菜炒め。「弱火でじっくり」炒めることで、栄養もおいしさも流出させずに取り入れることができます。また、冷めても水分が出ないため、お弁当などに入れてもシャキシャキの食感を楽しむことができるんです。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...