「ズッキーニのナムル」をさらにおいしくする、たったひとつの方法

韓国へ行くと、じつに多くのナムルがあることに驚かされます。野菜の総称だったり、食用の葉、根っこ、草、あるいはおかず全般を「ナムル」と呼ぶこともあるそうです。

この「ナムルの味をみれば、嫁の料理の腕がわかる」なんてことわざも韓国にはあるそうで、料理のスキルに限らず、つくる人の心遣いが味を左右するといった意味も込められているんだとか。

さて、前置きが長くなりましたが、韓国を代表するナムルのひとつ「エホバクナムル」のご紹介。「エホバク」とは韓国語でズッキーニのこと。本来は、フレッシュなズッキーニを炒めてナムルにしますが、ここでは半日干したズッキーニを使ってつくります。

適度に水分が抜け、炒めても水っぽくなりません。ほんのひと手間がいつもと違う味わいを生む。こういった部分も、先のことわざに通づる心遣いかもしれませんね。

©2021 NEW STANDARD

<ポイント>
★干し時間は半日(6〜8時間)ほど
★カットは輪切りでもスライスでもOK

干しズッキーニのナムル

©2021 NEW STANDARD

■材料(2人分)

・干しズッキーニ:1本分
・ごま油:適量
・にんにく:1片
・塩:少々
・干しエビ:適量
・唐辛子:少々

■作り方

ナムルに使うズッキーニはどんな形で干してもOKですが、スライス幅を1センチ以下にしておくと干しても食感がいい具合に残りますよ。

フライパンにごま油をかるくひいて、すり下ろしたにんにく、ズッキーニを炒めていきます。焦げないくらいの中火から弱火で。ズッキーニに油がまわり、表面が少し透明になってきたところで干しエビを加えて香りを引き立たせます。

火を止めてボウルに移し、再度ごま油、塩を少々加えて味を整えます。最後に色味づけに唐辛子を散らしてできあがり。辛いのがお好みなら、炒める段階から唐辛子を入れるのがオススメ。ビールのお供に最高ですよ。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。