新米と野菜を同時にたべる「ワンボウルサラダ」

見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお米に置き換えてみたら、とびきり簡単でおいしいサラダができました!

ヘルシーだし、ワンボウルで満足できる。そして、洗い物も少なくて済む。新米の季節、これを覚えておいて損はありません。

サラダ、ときどきゴハン

992b9744585b12d0425c7f7e42af9b250cc26227

〈材料:1人分〉

・ごはん:100g
・黒オリーブ(輪切り):3粒
・ブロッコリー(茹でる):3房
・ミニトマト(半分に切る):3個
・玉ねぎ(みじん切り):1/8個
・オリーブオイル:大さじ1
・酢:大さじ1/2
・塩こしょう:適量

 〈作り方〉

いつもより気持ち硬めに炊いたごはんと野菜、調味料を入れて混ぜ合わせたら、冷蔵庫で30分ほど冷やしてから召し上がれ! 野菜や調味料の水分をごはんが含むため、硬めのごはんを用意するのがおいしく作るポイントです。

これ一食でも十分満足感が得られますよ。多めにつくってストックすれば、忙しい朝にも助かるし。冷蔵庫で保存し、3日以内を目安に食べきるようにしましょう。

いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。