世のママたちが、「新米パパ」に買ってあげたくなるバッグ

共働きの家庭が増え、父親が育児で担う役割も大きくなっています。

が、赤ちゃん関連の商品の多くは、まだまだ女性向けのデザインが主流。荷物をいれるためのバッグは「マザーズバッグ」とも呼ばれていて、父親としてはちょっと寂しい気持ちになったりも。

そこで、Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。

おむつもおしりふきも
スマートに取り出せる

Daddy Bagが目指したのは、最もスリムでミニマルなオムツ用バックパック。従来品に比べてとてもスリム。だけど、必要なものはすべて入る仕様に。

おむつはアクセスしやすいフロントポケットに。必要なときにサッと取り出せそうです。

おむつポケットの下には、おしりふきポケットが。

おむつ替えが終わったら、サイドのポケットからゴミ袋を取り出して処理。

充実のポケットで
抜群の収納力

メインのポケットはこちら。着替えやよだれかけなどを入れておけるほか、父親用のラップトップやタブレットなども入ります。

側面には保温ポケット。温冷ともにOKだそう。

離乳食や哺乳瓶を入れておけるポケットも。

肩にはカードを入れておけるポケットもついています。赤ちゃんを連れていると両手が塞がることも多々ありますが、これなら簡単に取り出せそう。

こちらのポケットは、おもちゃ入れ。いろいろ気が利いてます。

締めはこれ!
おむつ替えパッド付き

子育て中の父親なら一度は直面したことがあるであろう「男性が使えるおむつ替え台がない」問題。

ベビールームがあると思っていたら、実は男性は入れなかったり、おむつ台は女子トイレにしかなかったりと大変な思いをしたことがある人も多いのでは?

もちろん、ママの使用だってOK

「Daddy Bag」というネーミングですが、もちろん女性の使用だってOK。

圧倒的な使い勝手をウリに、「Kickstarter」で見事に目標額を達成。現在は注文を受付けてはいませんが、量産化されるそのときを心待ちにしたいという父親も多いはず!

Licensed material used with permission by Hana Everyday

関連する記事

応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
スマホとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載したバックパックが「サムソナイト」から登場。ショルダー部分にジェスチャーするだ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
「TAKEOUT BAG」は、ニオイを押さえながらテイクアウトするものによって3通り(トートバッグ、バックパック、手さげ)の使い方ができるターポリン製のバッグ。
「Afternoon Tea LIVING」は、未使用のまま廃棄されてしまうエアバッグを再生利用したエコバッグを公式オンラインショップにて数量限定で発売。
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
バッグ一筋10年の「WOHLBEGE」ブランドから、紙素材の超軽量バッグが登場。耐久性に優れており、紙素材でありながら防水性能まで完備。
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
100%ペットボトル再生素材から作られた「KIND BAG」に、ちょっとした買い物に役立つminiサイズが仲間入り。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
食材を入れてランチバッグとして持ち運べるシリコン製食品保存パック「ZipBag(ジップバッグ)」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。
「Xero Backpack2.0」は、台湾の「Buron Creative Group」社が独自開発したマルチチャネル空気圧分散システムを搭載したバック...
「KIND BAG」は100%使用済みペットボトルを再生した生地で作られたエコバッグ。なかでもユニークな「Boobs(おっぱいの柄)」。KIND BAG女...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...