世のママたちが、「新米パパ」に買ってあげたくなるバッグ

共働きの家庭が増え、父親が育児で担う役割も大きくなっています。

が、赤ちゃん関連の商品の多くは、まだまだ女性向けのデザインが主流。荷物をいれるためのバッグは「マザーズバッグ」とも呼ばれていて、父親としてはちょっと寂しい気持ちになったりも。

そこで、Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。

おむつもおしりふきも
スマートに取り出せる

Daddy Bagが目指したのは、最もスリムでミニマルなオムツ用バックパック。従来品に比べてとてもスリム。だけど、必要なものはすべて入る仕様に。

おむつはアクセスしやすいフロントポケットに。必要なときにサッと取り出せそうです。

おむつポケットの下には、おしりふきポケットが。

おむつ替えが終わったら、サイドのポケットからゴミ袋を取り出して処理。

充実のポケットで
抜群の収納力

メインのポケットはこちら。着替えやよだれかけなどを入れておけるほか、父親用のラップトップやタブレットなども入ります。

側面には保温ポケット。温冷ともにOKだそう。

離乳食や哺乳瓶を入れておけるポケットも。

肩にはカードを入れておけるポケットもついています。赤ちゃんを連れていると両手が塞がることも多々ありますが、これなら簡単に取り出せそう。

こちらのポケットは、おもちゃ入れ。いろいろ気が利いてます。

締めはこれ!
おむつ替えパッド付き

子育て中の父親なら一度は直面したことがあるであろう「男性が使えるおむつ替え台がない」問題。

ベビールームがあると思っていたら、実は男性は入れなかったり、おむつ台は女子トイレにしかなかったりと大変な思いをしたことがある人も多いのでは?

もちろん、ママの使用だってOK

「Daddy Bag」というネーミングですが、もちろん女性の使用だってOK。

圧倒的な使い勝手をウリに、「Kickstarter」で見事に目標額を達成。現在は注文を受付けてはいませんが、量産化されるそのときを心待ちにしたいという父親も多いはず!

Licensed material used with permission by Hana Everyday
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。