バックパックにインできる自転車が、あなたの旅を大きく変える!?

今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロは、間違いなく魅力的な移動手段でしょう。

しかし、「地上の景色が見れないのはもったいない」「もっと色々な風景を見てみたい」なんて考える人も中にはいるはず。ここで紹介するのは、そんな“上級旅人”にこそチェックしてほしいプロダクトなのです。

現地で自転車を組み立てて、
憧れの街をサイクリング!

シンプルかつモダンなデザインのこちらの自転車。普通のソレに見えて実は…、

なんと、わずか21個のパーツを組み立てたもの!これくらいの数なら、(ギリギリ)面倒な気分にはならないはず。というより、憧れの街をサイクリングできるワクワクが圧倒的に勝ります、よね?

専用バックパックもなかなかの渋さ◎。

風景だけでなく、
街の音や匂いだって楽しめる

これは、「手軽に旅に携行できる自転車」を目指して、インド・バンガロールに拠点を置くLucid Design社が設計した「Kit Bike」。いくら旅先とはいえ、デザインがイケてないと乗る気は起きませんが、これならそんな心配は無用。地下鉄で移動していては決して見ることのできない風景が楽しめるほか、街の音や匂いだって体感できるでしょう。

「レンタサイクルがあるじゃないか」なんて声も聞こえてきそうですが、返却場所や時間の制約はやっぱりストレス。何に縛られるわけでもなく、自由に街を駆け巡るべき!

あなたの旅のスタイルを大きく変え得る「Kit Bike」。現時点ではコンセプトのみですが、将来的には購入できるようになるかも?

まるでそこに暮らしている地元民のように、憧れの街をサイクリング──。こんなワンランク上の旅、絶対楽しいに決まってますもんね。

Licensed material used with permission by Lucid Design
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
発売後即完売となったアイランドジン。沖縄の恵みが詰まっています。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
スマホとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載したバックパックが「サムソナイト」から登場。ショルダー部分にジェスチャーするだ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
海外で人気を集めるオンラインフィットネスPeloton(ペロトン)。エアロバイクやトレッドミルを駆使したサービスで本格的なトレーニングができると話題に。利...
フィリピンを拠点に活動するシンガーソングライター「((( O )))(The Sundrop Garden)」は、太陽光発電で自前のツリーハウススタジオを...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...