「近年における、最大のバックパックの進化だ!」との声多数

チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょう。でも、何よりも両手が空くメリットを多くの人が感じていることが大きいのではないでしょうか。

では、そんなバックパックに弱点はない?否。安全面にも課題はありますが、とにかく財布やジュースなど中身を取り出すときのストレスは少なくありません。そうそう、満員電車などでは前に抱えないと、トラブルの元になったりもします。

そんな諸々の不満を解消するかもしれないのが、この「Wolffepack」。実用性は使ってみないと未知数なのが正直なところ。ただし、アイデアとそれを実現してしまったメーカーには拍手です。その驚くべき特徴については、多くを語らずとも、このGif画像だけで理解できるはず。

独自の「脱着機能」を見よ。

F7ed4f9e06cf7f3cba9e79898d8a93cde2798c3b

通常時は、ベーシックなバックパック。でも、ひとたび右手でロックを外せば、バック部分が前に移動。作業が終わると、何もなかったかのように後ろに戻すことができます。そう、肩ストラップを外すことなく、荷物の出し入れができる優れものなのです。

E5afcdd088cf72f21bba47248da9caf33e5e1226

完全に離れるわけではなく、高密度ポリエチレンファイバーのコードが、まるで命綱のように2つをつなぎます。強度なコードがバッグを離さないから、ショルダーを肩から降ろさないままバッグだけを前後自由に動かせるというわけ。

055b288d4d92ec66076aeaed25617ddd38e55ea5

カメラに夢中で割と無防備な写真撮影時もこれなら安心。

4a36150eab9e1bf4e565ba7c7923df8d58a43a4975ce16a96085f748a0594fcfbb2f36bbb349520fA74b87948e11697ee12c36a19cd1b4c3f087111d

旅行や通勤に適した「メトロ」やカメラバッグにぴったりの「キャプチャー」など、用途にあわせた4種のラインナップ。価格帯は19,800円から25,800円(税別)なので、相場通りといったところ。未体験の使用感、一度味わってみたい?

F8403c11dfd9566d70e7005944dbf8e44a47a6d0
Licensed material used with permission by INFIN8, INC.
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
いろんなストーリーが浮かんできます。
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...