「近年における、最大のバックパックの進化だ!」との声多数

チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょう。でも、何よりも両手が空くメリットを多くの人が感じていることが大きいのではないでしょうか。

では、そんなバックパックに弱点はない?否。安全面にも課題はありますが、とにかく財布やジュースなど中身を取り出すときのストレスは少なくありません。そうそう、満員電車などでは前に抱えないと、トラブルの元になったりもします。

そんな諸々の不満を解消するかもしれないのが、この「Wolffepack」。実用性は使ってみないと未知数なのが正直なところ。ただし、アイデアとそれを実現してしまったメーカーには拍手です。その驚くべき特徴については、多くを語らずとも、このGif画像だけで理解できるはず。

独自の「脱着機能」を見よ。

通常時は、ベーシックなバックパック。でも、ひとたび右手でロックを外せば、バック部分が前に移動。作業が終わると、何もなかったかのように後ろに戻すことができます。そう、肩ストラップを外すことなく、荷物の出し入れができる優れものなのです。

完全に離れるわけではなく、高密度ポリエチレンファイバーのコードが、まるで命綱のように2つをつなぎます。強度なコードがバッグを離さないから、ショルダーを肩から降ろさないままバッグだけを前後自由に動かせるというわけ。

カメラに夢中で割と無防備な写真撮影時もこれなら安心。

旅行や通勤に適した「メトロ」やカメラバッグにぴったりの「キャプチャー」など、用途にあわせた4種のラインナップ。価格帯は19,800円から25,800円(税別)なので、相場通りといったところ。未体験の使用感、一度味わってみたい?

Licensed material used with permission by INFIN8, INC.
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。