ノースフェイスの元デザイナーが作った、最高に「攻めれる」バックパック

「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?

元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメーカー「Velomacchi」がリリースしたバックパックが、絶妙なフィット感と細部までこだわり抜かれたタフな作りで、オートバイやマウンテンバイクなど、二輪好きの心を鷲掴みにしている。

激しく動いても
しっかりフィット!

Ad8c69209383593cc1c187c42e9d1007c515c35b

「SPEEDWAY」と名付けられたこのバックパックは、アグレッシブに二輪ライフを楽しむ人にうってつけの機能が満載だ。

D6fccd1231c205d4b1d1e2bba1fd406371eeb324

なんといっても一番の特徴は、磁気性のチェストカプラー。これでしっかりバッグが固定されるので、ハードな動きをしてもストラップがズレることはない。

さらに、夏場に重宝するハイドレーションパックが入るスリーブや、ウェアラブルカメラが取り付けられるマウント、アルミ製のヘルメットホルダーなども搭載。価格は299ドル(約3万3,000円)。

D00b7775153f63de2d18c44d8bffb35758303503462649c17c5e42fc52f03f0a65e120a6586bd83e

アウトドアシーンはもちろん、パソコンやタブレットを収納するのにも最適なので、自転車での通勤シーンでも活躍してくれること間違いなし。

マウンテンバイクに乗っている人なら、通勤途中に見つけたちょっとした砂利道や河川敷にも寄り道したくもなるだろう。

背中を気にせず
本能のままに

4a6fd61073460bc2e89a1c8f28995e8d970566ae

「自分たちが欲しいと思ったものを形にした」という点においても、信頼性の高さは窺い知れるところ。米・オレゴン州発のアクセサリーブランド「Velomacchi」のプロダクトは、これからもリアルな二輪マニアたちに寄り添ったものばかりになりそうだ。

Licensed material used with permission by VELOMACCHI
ありそうでなかったバックパックの登場です。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
ブランドのなかでも最上級に位置されるスペックを誇る、つまりプロユースな「SUMMIT SERIES(サミットシリーズ)」からの一着。「GTX Pro Ja...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...