ビジネス、トラベル、さらにサイクリングまで。決定的なバッグを見つけました。

最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。

斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってきていない)モノ…そういった意味で、この『SLICKS BIZ』は、両方ですね。

痒いところに手が届く実用性抜群の機能を持ち、すでに海外のクラウドファンディングでは3,000個が完売したという代物です。

出張、トラベル、日常使い…
これひとつでシーンを選ばない!

画像の通り、『SLICKS BIZ』はバックパック/メッセンジャー/ブリーフの3WAY。さらに、中身のほうもとんでもなく多機能です。実際に手にとって、気づいた部分を挙げてみます。

■メイン素材に耐久性の高いPUコーティングナイロンを使用。相当にタフ。

■ラップトップ用の収納スペースが、バッグの上部からアクセス可能で取り出しやすい。しかも、緩衝材入りのスリーブなので、安心して持ち運びができる。

■書類を折らずに入れられるフォルダーが内部にある。

■サイドにシューズ収納スペースがある。

■レインカバー付属。専用の収納ポケットも当然アリ。

■スーツカバー&シャツ専用ケースがバッグの中に! しかもシャツケースは、襟を曲げないように、ガード付き。

■衣類用ケース、バスグッズ専用ケース、ランドリーバッグも付属。それぞれ取り外しも可能。

■随所に高反射素材を使用。

こうして並べてみると、いかにスゴイバッグかわかります。個々の機能を紐解けば、ビジネスからトラベル、日常使いまで、すべてこれひとつで事足りるというのも納得でしょう。

ただし、機能を売りにしているバッグは数あるのも事実。ちょっとモノにうるさい人なら

「今時、アクセスしやすいPCスリーブは基本でしょう」

「出張を考えれば、使い勝手のいいガーメントバッグもあるし…」

となるかも。

それでも『SLICKS BIZ』を推すには3つの理由があります。

01.
仕分け用のケースやポーチを購入する必要がない!

まさに総合力の勝利。だってスーツカバー、シャツ専用ケース、衣装用ケース、バスグッズ専用ケース(しかも壁掛けタイプ!)、さらにはランドリーバッグまで付いているんですよ。

衣装用ケースっていろんな種類が発売されていますが、バッグによってはおさまりが悪いことも。とくにランドリーバッグは、アウトドア用などが主流で、形状的にスーツケースに合わないこともあります。

『SLICKS BIZ』は、すべて専用ケースなので、本体の中でピッタリおさまります。整理整頓が楽です。しかも、すべて取り外しができるので、中身だけ他のバッグと併用できるという裏技も使えます。 

02.
自転車通勤にも使える。 

ただメッセンジャーバッグになるだけじゃなくて、ポイントで高反射素材を採用しているところがニクイ。

シューズボックスには当然革靴も入れられるし、レインカバーもある…とくれば、自転車通勤にもバッチリです。

03.
多機能バッグにありがちなゴチャゴチャ感がない。

じつのところ、ここが一番重要なのでは? 

これだけ多機能でありながら、外見はスマートスイスデザインという事実に、妙に納得します。

カラバリだって、基本のブラックの他、差し色が入ってくるイエローも気が利いていると思うんですが、どうでしょう?

10月9日(日)23:59まで、
プロジェクト開催期間中!

最初に紹介したように、『SLICKS BIZ』はクラウドファンディング「Kibidango」でプロジェクト開催中です。値段は、プロジェクト期間中限定価格で送料税込¥36,800。

すでに目標額は達してるので、支援すれば必ず届きます。1stロット発送分は残念ながら終了。ただし、2ndロット、3rdロット発送分はまだ、間に合います! 

募集期間は、10月9日(日)23:59まで。発送は2ndロット(限定)が2016年10月中、3rdロット(無制限)が2017年3月と予定されています。

興味を持った人はコチラのページをチェック

トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。