あの有名ブランドがお洒落な「旅行用バッグ」を無料で貸し出し中!最大4週間までOK

トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出しするサービスがスタートしています。

世界中でブレイクした
タフさが売りの幌バッグ

スイス発の同ブランドは、もともとグラフィックデザイナーだったフライターグ兄弟が1993年に設立したもの。丈夫で機能的なうえ、幌のどの部分を使うかによって変わる、二つとないデザインが魅力的。デニムジーンズのように使い込むほどに傷や色落ちが生まれ、オンリーワン感が増していくのも、このバッグが長く愛される理由のひとつでしょう。

欧米のロードバイク利用者に支持され、ストリートでもクールなブランドとして人気になりました。まだ日本に入ってくる前、ニューヨークでもプロのメッセンジャーがこちらのバッグを利用している光景をよく見かけたものです。

今回のキャンペーンは、トラベルバッグ「F512 VOYAGER」を無料で貸し出してくれるというもの。サイズはゆったり33リットル。雨にも強いタフネスさは間違いなく役立つ!

貸し出し条件は3つ
最大4週間までOK

さて、最大4週間まで無料レンタルできるこのキャンペーン。以下3つの条件を満たしていれば、渋谷店、もしくは銀座店で、好みのものを選んで貸してもらえますよ。

1. 日本在住者であること
2. 店舗での受け渡し、返却が可能なこと
3. 旅先でバッグと一緒に写真を撮り、インスタグラムへ「#gonewithFREITAG」のハッシュタグと共に、1回以上投稿すること
貸し出し時、身分証明書を忘れずに。「男性用でしょ?」という意見も聞こえてきそうですが、そんなことはありません。カラーバリエーションも豊富で軽く、荷物が多くなりがちな女の子の旅行も33リットルの大きさでしっかりサポートしてくれます。このデザインですから、手荷物受取所で間違って持って行かれてしまうなんてトラブルもなさそう。

期間は2016年9月30日まで。旅行に行かなくても借りるのはOKだそうなので、使い心地を試してみるもよし、おしゃれに旅を楽しむもよし。この機会に試してみては?
Licensed material used with permission by FREITAG lab. Japan株式会社
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...