座れて、洗える。タフなバックパックがチェコからやってきた。

近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出して腰掛けられるようになるもの。でも、ここで紹介する「BAGOBAGO」は、イス付きというよりは、“それ自体がイスになる”というイメージ!

どこでも座れます。

Bb2df6903b516b6987a72ac7d52fc507401e87f3

アウトドアはもちろん、タウンユースにも適したシンプルなデザインのバックパック。ここから3ステップでイスに変身します。

5e8fb15aedbbaf8a323e34ed46557006e20eefac91875be2f806872063a031f7d0b37a2b7ebcb8f35fb08bfb55fe1023dad1281f03eff0cd4fdc734b

背面のジッパーを開け、足部分のカバーを外し、カバーをマグネットにとめる。

5f935fcea472264d3c3ae9a173506411838907a6

その間、たったの10秒!

8d32417323226aa4ddac704f6dc7b5a5c3e93d93414debac8e358c2ccf6e8cf666ee01ebc469b96c

容量たっぷり。
130キロまで耐えられる

503742ea2332c65025809cb31e0343d47b0afcfa

気になる耐荷量は130キロ。収納容量は22リットルで機内持ち込み可能なサイズ。スツール内蔵なのに、容量もたっぷりな上、総重量は1.6キロと驚きの軽さを実現しています。

さらには防水性もバツグンで、そのまま洗濯機に入れて洗える手軽さもウリ。

Ef40e0778dfcffdc321a4b221d6f4ed5634a4d35Baff505e7ffd7ed3a5ce20e99a5facc989e21b39

価格は24,000円(税別)。ブラック、グレー、グリーン、ボルドーの4色展開。購入はこちらから。

実際に街中で座るには少し勇気がいるかもしれませんが、開放的なアウトドアシーンでは活躍してくれそうです。たとえば、下の動画にもあるように、キャンプファイヤーのときとか!

Licensed material used with permission by ピーアンドエムチェコ
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。