「ジェスチャー」でスマホ操作ができるバックパックが「サムソナイト」から登場

スマートフォンとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載した「サムソナイト」のバックパック「Konnect-i(コネクト-アイ)」が発売。

このバックパックは、専用アプリとショルダー部分の「Jacquard」を連動させてジェスチャーを施すことで、なんとスマホの操作が可能になるという画期的なアイテム。

オーディオの再生セルフィーの撮影ナビゲーションGoogleアシスタントの起動といった基本的な操作はほぼ網羅しており、わざわざバッグからスマホを取り出す必要がなくなるのだ。

©サムソナイト・ジャパン

ラインナップは、縦型にジッパーがデザインされた「スリムバックパック」と、横型に配置された「スタンダードバックパック」の2種類。どちらも長時間の使用でも疲れない高い快適性と、多彩な収納スペースなどの各種機能が魅力だ。

デザインは、どんなファッションやスタイルにも合いそうなシンプルでスマートな形状。ビジネスシーンのみならず、普段使いでも違和感なく使用できる。

かつてないテクノロジー使い勝手が詰め込まれたバックパックは、現在、公式サイトにて販売中だ。

©サムソナイト・ジャパン
©サムソナイト・ジャパン
© Samsonite Europe/Youtube

『Konnect-i/コネクト-アイ』
【発売時期】10月6日(火)限定店舗および公式サイトにて発売
【取扱い店舗】サムソナイト・ブラックレーベル銀座店、サムソナイト・ブラックレーベル大阪店、サムソナイト有楽町マルイ店、サムソナイトららぽーとTOKYO-BAY店、サムソナイト公式サイト
【Konnect-i特設ページ】https://www.samsonite.co.jp/konnect-i

Top image: © サムソナイト・ジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...