バックパックで持ち運べる「電動自転車」は、移動もスイスイ

外出先で「いま自転車があればなあ…」と思うシチュエーションがあるはずだ。歩くのに疲れてしまったけれど、かといって電車やバスに乗るほどでもない。そんなときに便利なのが、このバッグに入れて持ち運べる自転車しかも電動。

厳密にいうと、道路交通法の問題もあるだろうけど、ここでは一旦カタい話は置いておこう。あったらイイよね、という意味で。

簡単5ステップで折りたたみ

D08a23fe0ad87bdfdf2c43675ff1942f31938d27Cc6b2b1c077359225249439bcd19a5685c565fe6E44c7c9bcced53f4b7697aaf7f8323e9d849c820

この「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。上の通り、それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶことができる。車輪が中に折り込まれるため、他のモノが汚れる心配もないらしい。

069248d0e89cf4298a2c647c37bcd3bc6d57f877Ac003ca2bef866f066fd2bf87fc7191f29fcbd1a

重さは約7kg。女性でも手で持ち運ぶことができるはず。

さらに、
電動は電動でも…

1e6ed6a4af0b11e67b4432908d1e15d45f4f476d

ペダルがない。

193963f2778bd3069d2becc17f88a178075c5a4f

バッテリーがサドルの下に搭載されていて、手元のアクセルを握ればバイクのように進むことができる。従来の電動自転車とは違って、ペダルをこぐ必要すらない。

ちなみに、1回の充電で20km程度走行が可能とのこと。

6ca100105fe9b1073120c679fe474bcc7296e637

鍵は専用のアプリでロック。バッテリー残量やスピードもチェック可能だ。

7a55fc784c5426d98b1c813d0f9ba0f2fe1731f1

この「Smacircle S1」は現在「INDIEGOGO」でクラウドファンディング中。すでに目標額の3倍以上の調達に成功している。価格は649ドル(約72,500円)から。

日本での使用は難しいかもしれないけれど、行動範囲が広がってイイなあ。

Licensed material used with permission by Smacircle Technology
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。