【速度20km・重さ4kg】持ち運べる「電動スクーター」

まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。

自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。

重さ4kg

一般的なママチャリの重さと比べると5分の1くらい!

ボードの長さは40cm

横幅も十分。ちゃんと両足をのせられます。

ハンドルの高さは110cm

コンパクトだけど、組み立てれば高さも十分♪

走ったルートを保存できる

あとでどのルートを通ったか確認できるので、裏道探しにも活躍!

バッグにも収納可能

電車も乗れます。

スマホでバッテリーや
データがチェックできる

などなど機能は多彩。20kmものスピードが出る乗りものが携帯可能、というところが嬉しいですよね。バッグにいれて持ち運べるサイズで、見た目もグッド!

スイッチやバッテリーメーターはハンドル部分に。

車にのせれば、出先で移動手段として使えますよね。

フル充電で走れる距離は10kmほど。300g重くはなりますが、バッテリーは増設できるので最大20kmまで走れます。

残念ながら、日本国内の公道は法律上走れません。が、広い敷地内を移動するセグウェイのような手段としては応用できるかも。今なら「Kickstarter」で299ドル(約3万5千円)で事前予約できます。すでに目標金額は達成、配送開始は2016年3月を予定しているとのこと。安いし、乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Crazyfire Technology
Reference:Kickstarter
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。