【速度20km・重さ4kg】持ち運べる「電動スクーター」

まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。

持ち運べる「電動スクーター」

自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。

重さ4kg

持ち運べる「電動スクーター」

一般的なママチャリの重さと比べると5分の1くらい!

ボードの長さは40cm

持ち運べる「電動スクーター」

横幅も十分。ちゃんと両足をのせられます。

ハンドルの高さは110cm

持ち運べる「電動スクーター」

コンパクトだけど、組み立てれば高さも十分♪

走ったルートを保存できる

持ち運べる「電動スクーター」

あとでどのルートを通ったか確認できるので、裏道探しにも活躍!

バッグにも収納可能

持ち運べる「電動スクーター」

電車も乗れます。

スマホでバッテリーや
データがチェックできる

持ち運べる「電動スクーター」

などなど機能は多彩。20kmものスピードが出る乗りものが携帯可能、というところが嬉しいですよね。バッグにいれて持ち運べるサイズで、見た目もグッド!

持ち運べる「電動スクーター」

スイッチやバッテリーメーターはハンドル部分に。

持ち運べる「電動スクーター」

車にのせれば、出先で移動手段として使えますよね。

持ち運べる「電動スクーター」

フル充電で走れる距離は10kmほど。300g重くはなりますが、バッテリーは増設できるので最大20kmまで走れます。

残念ながら、日本国内の公道は法律上走れません。が、広い敷地内を移動するセグウェイのような手段としては応用できるかも。今なら「Kickstarter」で299ドル(約3万5千円)で事前予約できます。すでに目標金額は達成、配送開始は2016年3月を予定しているとのこと。安いし、乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Crazyfire Technology
Reference:Kickstarter
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。麻繊維と樹脂を使って製造した電動バイク...
ヤフー傘下「Open Street」が原付バイクのシェアリングサービスをスタート。安定感のあるポップな三輪スクーターは、現在、東京の霞ヶ関、目黒、代々木上...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイチイチ素敵。丸いライトも...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
6月2日、デザイン事務所「KIGI」の渡邉良重氏と「株式会社ほぼ日」によるレディースブランド「CACUMA」から、初のメンズブランド「CACUMA U」が...
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
蜘蛛みたいなルックスの「CYCLEAGLE」は、今、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「4輪駆動の電動スケボー」だ。
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。