チャーミングな電動スクーター「Čezeta Type 506」

まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?

まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイチイチ素敵。

丸いライトもレトロな雰囲気でいいですよね。スペックも高いんです。

1度の充電で
「100km」走れる

定格出力5kWを超える大型電動スクーターのため、「Čezeta Type 506」の最高時速は、なんと90km以上。

リチウムイオンバッテリーを積んでおり、一度の充電で100km走れます。WEBサイトには、50年走れる(※チェコ基準)とも書かれており、ロングライフなところもポイント。シートも広々していて◎

「Čezeta Type 506」の加速度は、4秒で時速60kmに達するとあり、まあまあパワフル。アプリで自分好みに調整可能。

そのほか、充電できる場所を探したり、スクーターに内蔵されたスピーカーから音楽を流したりと、細かなところにも気が利いています。

Bless This Suff」の紹介によれば、車体価格は11,600ドル(約130万円)。下の動画では、実際に走っている様子が。そのほかInstagramでもいろいろな写真が見れます。どれもこれも魅力的。うーん、乗ってみたい!

Reference:Bless This Suff
Licensed material used with permission by Čezeta
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
「メルセデス・ベンツ」の電動自動車に特化したサブブランド「EQ」から、電動キックボードの「eスクーター」が発表された。スイスの「マイクロ・モビリティー・シ...
ヤフー傘下「Open Street」が原付バイクのシェアリングサービスをスタート。安定感のあるポップな三輪スクーターは、現在、東京の霞ヶ関、目黒、代々木上...
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。麻繊維と樹脂を使って製造した電動バイク...
中国家電メーカー「シャオミ」がスマートスクーターの新モデル「Mi Electric Scooter Pro 2」を発表。さらに、F1チーム「メルセデスAM...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
スマホに直接接続して使える電動シェーバー「Plug Shave」。
先週の「東京マラソン」で初お披露目されたのが、輸入二輪車ブランドとして警察車両に初めて採用された「BMW Motorrad」初の電動スクーター「BMW C...