進化する電動スクーター。Birdが新型モデルを発表!

8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。

3ヵ月前に発表された「Bird One」からのアップデートでもっとも注目したいのは、「Autonomous Damage Sensors(自己申告型損傷センサー)」の搭載だ。車体のシステムに不具合が発生するとセンサーがそれを検知し、整備士のいるセンターに通知が届く仕組みなのだとか。

また、パンクしにくいタイヤや転倒防止用のキックスタンドが新たに採用されるなど、ユーザーに安全に使ってもらうための工夫も施された。

すでに欧米では移動手段のひとつとして広く利用されている電動スクーターだが、今後、ユーザビリティがさらに高まることで多くの国や人に活用される日がくることだろう。

ちなみに、「Bird One」は1299ドル(約14万円)で購入できるが、「Bird Two」の一般販売の予定は発表されていない。

Top image: © Bird
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...