飛ぶように移動したいなら、この自転車しかない。

スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うかもしれませんが、その名も「BIRD OF PREY」。なんと、スーパーマンのポーズのまま運転できるんです。

一見、ちょっとおバカな感じに見えなくもありませんが、じつは非常に合理的なのだとか。

「空気抵抗を減らす」
とは言われても…

乗り物が高速走行するとき、その問題になるのが空気抵抗。正面から見たときの面積が大きければ大きいほど、空気抵抗も大きくなり、スピードを出すのが大変になってしまいます。

この写真のように寝そべった姿勢は、体を起こしている普通の姿勢より正面の面積がとっても少なく、無駄な抵抗をなくしたことで、楽にスピードが出せるようになっているそう。見た目はさておき、理屈は理解できますね。

低重心で安定しているから
事故も減る!?

さらに、寝そべることによって重心が低くなるので全体的に安定しているのだとか。とくに重要なのは、急ブレーキのとき。

ぶつかりそうなときに前輪で急ブレーキをかけると、慣性で体が止まりきれず自転車ごと前転してしまうことがあります。スピードが出ている場合はそのまま頭を打ってしまうため、非常に危険な事故の原因とされています。

一方でこの自転車は重心が低く後ろ側にあるので、通常の自転車に比べて後輪が浮いてしまう現象は起きにくくなっているそうです。

楽にスピードが出て、しかも安全といいところずくめ。ただのおもしろ自転車ではなく、なかなかの発明に思えてきました。

ただし、やっぱり姿勢は
ちょっと苦しそうな気も

肘と骨盤で体重を支えるようになっているようですが、背中のあたりがちょっと苦しそうな気もしますし、ハンドルさばきも大変そうな気がしますが、実際の乗り心地はどうなんでしょう。気になるお値段は、4,800ドル(約50万円)。

何にせよ、空を飛ぶ気分が味わえるのなら、細かいことはどうでも良くなるくらい楽しいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Bird Of Prey Bicycle
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。