省スペースと省エネを同時に実現した、垂直式「自転車ラック」

自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときなど、女性や子どもだと結構な労力が要ります。

その観点から(というかココ1点のみでもいい)、このプロダクト「Parkis」をみると、駐輪の苦労がまるっと解消できそうなんですよね。

女性でも、子どもでも
らくらく駐輪

屋外でも屋内でも設置が可能なParkis。一般的な水平方向の駐輪では、横長で幅をとる自転車ですが、それを地面に垂直にして収納(駐輪)することで、およそ40%分の省スペースが生まれる。

もちろんこれもナイスアイデア。だけど単なる垂直式のラックでは目新しさがありません。開発者らは省スペース性をウリにしているけれど、どう見たってもう一つの特徴が秀逸すぎる!それが、“体に負担をかけない”駐輪方法。

Parkisの仕組みを説明するよりも、このGIFを見ればきっと十分。

ひょいっ!
前輪が惰性でスライド

Parkisを設置した壁面まで自転車を寄せて、前輪をキャスターに乗せるだけ。あとは、キャスターがラックのレールをなめらかに滑って、そのまま自転車を垂直にしてしまいます。このキャスターの動きこそすべて。電力なしに女性でもひょいと、ね。これなら「どっこらしょ」の必要もないでしょう。

逆に下ろすときは、サドルに手をかけて手前に引っ張りだすだけで、こちらも滑らかにキャスターがラックをスライドしてきます。

いささかインダストリアルデザイン感が強いのは事実だし、屋内用にはサイクルスタンドやハンギングの方が向いているという意見もあるでしょう。ただし、こっちのほうが労力はないけどね。でも、駐車場や、納屋、バルコニーなど屋外使用だったら、考えられなくもない。もちろんオフィス使用なんかもアリでしょうし。

どうやらクラウドファウンディングも成功し、今のところ一器239ドル(約2万7,000円)で販売予定。う〜ん、正直もうちょっと価格が下がるとユーザーとしてはうれしい限りですが、重い自転車を苦労してレールに乗せている彼女のこと思うとあってもイイかな、なんて自分は思うわけですよ。

Licensed material used with permission by PARKIS team
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
ディッシュラックに溜まった水を活用して、植物(食用ハーブ)を育てることができる「Fluidity」は一人二役をこなす秀逸なアイテム。「こんなの欲しかった」...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
ドライブインシアターを日本全国で開催する「Drive in Theater Japan Tour」の第一回が、6月13日(土)に「東京サマーランド」の駐車...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!