「ああ、こんなの欲しかった!」と思う人続出のディッシュラック

ミラノに拠点をおく「Design Libero」が開発したディッシュラック「Fluidity」は、“ディッシュラックとしての機能”と“植物の鉢としての機能”を兼ね備えた秀逸なアイテム。

Fluidityはディッシュラックの底に溜まった水を活用して、ディッシュラックの一角で新鮮なハーブを育てることができるのだ。つまり、植物に定期的に水をやる手間が省けるうえに、キッチンで必要な時に“もぎたてハーブ”を使えて効率的というわけ。さらに、わずかではあるが水の節約にもなる。

手狭なキッチンにもしっかり収まる絶妙なサイズ感も相まって、一石二鳥......いや一石三鳥のアイテムといえそう。

ただし、洗剤入りの水でハーブを枯らすことのないよう、お皿はよくすすぐ必要がありそうだ。

Top image: © 2014 designlibero
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...