こんなところで料理してみたい!小さなキッチンで生まれる豊かなレシピたち。

子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子どもからすると夢のようなおもちゃで、遊びのために作られたものだけれど、ほんものの料理が出来上がるというのが、子ども心に驚きであり喜びだった。大人になった今でも、限られたスペースや材料で料理をすることについ胸がときめいてしまうのは、その時の「おままごと」という遊びの延長に今があるからなのかなと思う。

小さく暮らすと、
ほんとうの豊かさが見えてくる。

アメリカの西海岸で、小さなキッチンで料理する人たちを撮影し、そのレシピを一冊にまとめるというプロジェクトがある。その名も『The Tiny Mess』。

コンロで湯を沸かす合間に、野菜をせん切り…だなんて、狭いキッチンだとなかなか大変な作業である。流しの上にまな板を置いて、不安定ななか庖丁を動かしたり、調理道具を仕舞う場所も限られているから、棚の取っ手にフックを引っ掛けて、フライパンやお鍋をたくさんかけて、頭をぶつけたりして。

Cooking by woodstove at the #chilldernesscabin with @timshreddy and @hannfull. Stop number one. #thetinymess @maddiejoyceart

The Tiny Messさん(@the_tiny_mess)が投稿した写真 -

そうこうしながら作り続けていると、見えてくるものがある。自分の動く範囲や動作のクセが分かると、必要な道具って意外とこれくらいでいいのかもと。写真に登場するシェフたちも「ままごと」感覚に胸をときめかせながらせっせと手を動かしているのだろうと思った。だって、そのごちゃごちゃした感じがとても楽しいのだから。

たとえば、こんな場所でも、
美味しいご飯は作れるわけで。

外のキッチンはバーナーがふたつ。ケトルと鍋。柱にはコーヒーカップ。

板をわたせば、どこでも調理台になるのだから、今日もたっぷりのサラダをこしらえる。

暖炉の上でパンケーキ。熱々にメイプルシロップをたっぷりかけて、部屋中に甘い香りを漂わせたい。

手の届くところに、必要なものがすべて揃っている安心感。寝ぼけ眼でも大丈夫。

スモールハウスやトレーラーハウス、ヨットの中など、限られた空間で、ちゃっちゃと手際よく手を動かす様子は、見ているだけでわくわくするものである。自宅のキッチンを改めて見直してみると、意外と必要のないものが多いことに気がつくかもしれないし、普段料理をしていない人は、まずはコンビーフに目玉焼きでも焼いてみようか、なんて気持ちになるかもしれない。手に取りたい人は、クラウドファンディングで応援を!

Licensed material used with permission by The Tiny Mess
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...