米・人気料理サイトが「牛肉レシピ」の掲載をストップ!なぜ?

世界中で温室効果ガスの削減に向けた動きが加速するなか、アメリカの料理レシピサイト「epicurious(エピキュリオス)」は、先月末、牛肉を使ったレシピの掲載を打ち切ると発表した。

同社は「大気中に排出される温室効果ガスの約15%が畜産業にかかわるものであり、そのうちの約61%は牛肉の生産を理由としている」と指摘。

また一方で「この決断は、決して牛肉を食べることを否定するものではなく、地球という惑星の環境と未来を守るためのものである」と読者に理解を求めている。

サイトは今後、牛肉を使った新たなレシピは紹介せず、公式SNSニュースレターなどでも投稿や配信をおこなわないとのこと。ただし、2019年以前に制作、掲載したレシピは引き続き公開を続けると述べている。

植物素材からなる代替肉が広く流通し、さらには培養された細胞から肉を生み出す技術などの開発が進む今、畜産によって生み出される食肉の在り方が問われている。

Top image: © iStock.com/Magone
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事