世界一の牛肉消費国のどデカイ「わんぱくサンド」

世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg以上ともいわれています。寝ても覚めてもビーフな国の「ステーキサンド」が今回のテーマです。

見た目のインパクトに反して
その名は「チビート」って(笑)

チビート」と呼ばれる豪快なこのサンドイッチの発祥は1950年代。ある女性がウルグアイのレストランで、ヤギ肉のグリルを注文しました。ところがヤギ肉を切らしていた店主は、即興で牛ステーキとハムをはさんだサンドイッチをつくり、それを彼女に提供したところ大好評、というのがことの始まり。

チビートにはさむ具材は、スライスしたゆで卵、ハム、カリカリに焼いたベーコン、オリーブ、スライスチーズ、レタス、トマト、そして肝心要のビーフステーキと、ボリューム満天。

最大のポイントは、ハムやベーコンを一緒にはさむことだそうで、これが重層的な牛肉のうまみを引き出すトリガーになる、と考えらえられているみたい。パンより分厚く、おもいっきり具材を詰め込むあたりは、イマドキの超ビジュアル系わんぱくサンドにそっくり。竹串で固定して、食べるときは崩れることなんてお構いなしに、ただかぶりつくのみ。豪快にどうぞ!

関連する記事

ある日の都内郊外で出会ったステーキがヤバかった。このお肉は試してくべきです、「ウルグアイビーフ」。南米ウルグアイ産の牛肉。これからたくさん世の中に出回るの...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
2018年、LAでブレイクした「ジャパニーズ・エッグサラダ・サンドイッチ」がニューヨークへと飛び火。全米中でタマゴサンドがブームに。
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
今人気のスイーツ「バターサンド」をお取り寄せできるお店を5つ紹介。素材や製法にもこだわり、レーズンだけじゃなくさまざまなフルーツやナッツ、チョコなどが挟ま...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...