世界一の牛肉消費国のどデカイ「わんぱくサンド」

世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg以上ともいわれています。寝ても覚めてもビーフな国の「ステーキサンド」が今回のテーマです。

見た目のインパクトに反して
その名は「チビート」って(笑)

チビート」と呼ばれる豪快なこのサンドイッチの発祥は1950年代。ある女性がウルグアイのレストランで、ヤギ肉のグリルを注文しました。ところがヤギ肉を切らしていた店主は、即興で牛ステーキとハムをはさんだサンドイッチをつくり、それを彼女に提供したところ大好評、というのがことの始まり。

チビートにはさむ具材は、スライスしたゆで卵、ハム、カリカリに焼いたベーコン、オリーブ、スライスチーズ、レタス、トマト、そして肝心要のビーフステーキと、ボリューム満天。

最大のポイントは、ハムやベーコンを一緒にはさむことだそうで、これが重層的な牛肉のうまみを引き出すトリガーになる、と考えらえられているみたい。パンより分厚く、おもいっきり具材を詰め込むあたりは、イマドキの超ビジュアル系わんぱくサンドにそっくり。竹串で固定して、食べるときは崩れることなんてお構いなしに、ただかぶりつくのみ。豪快にどうぞ!

思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
2014年12月、いわゆる奥渋谷にオープンした「CAMELBACK sandwich&espresso」は、店名の通りおいしいサンドイッチとエスプレッソが...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
表面はカリカリ、中はとろっとろのチーズたっぷりホットサンド。お店で提供されるあのおいしさを自宅で作れたらどんなにしあわせか。ならばホットサンドメーカーを手...
台湾の牛肉麺を知っている人でも、「番茄」入りはあまり目にしたことがないかもしれません。番茄とは、トマトのこと。「なーんだ、それなら」という人も、実際に現地...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
看板メニューは元・寿司職人が作る「たまごサンド」 奥渋谷で人気のサンドイッチとコーヒーのお店CAMELBACK sandwich&espresso〒150...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!使うのは「牛脂...
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉…お肉料理は数あれど、複数のお肉を使ったメニューは、意外と少ないものです。まあ合挽き肉でつくるものは別として。でも、このシチューは牛...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...