超肉厚もペロリ!解禁された「ウルグアイビーフ」がかなりスゴいぞ!

その出会いは、突然だった。

あんまりステキなんで、ただ素直に好きと言えない。

それくらいあれこれ講釈たれたいくらい、知っとかなきゃ、伝えなきゃ、と思った衝撃の牛肉ステーキを発見!

このお肉は試してくべきです!!

「ブロンコビリー」で出会ったステーキがヤバかった

A5だとか、幻の○○牛とか、低温熟成によるプライムなんちゃらが……とか、そういうのも悪くはないけど、巷のステーキレストランで食べた肉厚のステーキ!これ、アメリカンやオージーでもないし、まして和牛でもありません。

「ウルグアイビーフ」。南米ウルグアイ産の牛さんです。

たまたま入った「ステーキハウス ブロンコビリー」。この店で推していたメニューってことで、オーダーしたのが「ウルグアイ産 炭焼き超厚切り熟成サーロインステーキ (単品)」。

©2020 NEW STANDARD

“中の上”くらいがいいかな、とオーダーした300g(2480円、税抜き)を選んだら、ここまでぶ厚いステーキが登場。

とっても好ましい厚さですね〜。

©2020 NEW STANDARD

これだけ肉厚だと心配なのは固さですけど、これがサクッと切れる。サシのたっぷり入った高級店の和牛のように「触っただけなのに〜」とか大袈裟なトロける柔らかさじゃないけど、無理なく断面もキレイにわかるように切れてしまう。

肉厚ステーキを食べるなら、ある程度の手応えが欲しいのだけど、ちょっと物足りないくらいスッとナイフが入るんです。

©2020 NEW STANDARD

その肉は、ソースではなく塩で食べるのがいい!食べればジューシー。芳醇な味わい、旨み、ダイナミックな噛みごたえの波が押し寄せてくる!!

そして、厚めに切って口にほうばっても、赤身がギュッと引き締まっているし、パサつかず柔らかくて食べやすいのも特徴。それでいてさっぱりしているから、赤ワインとかビールのアルコールも相性よさそう。

まあ、こうして紹介するくらいだから、まず、ウマい!ってことは間違いないんですけどね。 

©2020 NEW STANDARD

と、あっという間にペロリ。これ女性でも300gくらいなら余裕で完食でしょう。

脂の多そうなイメージもある「サーロイン」だけど、本来は上質な赤身肉の味わいをしっかりと堪能できる部位。その点でも、このウルグアイビーフは脂身が少なく、肉の旨みをしっかり感じながら食べられる印象。

噛みごたえはあるけど、脂が少ない分サッパリしていて、これだけ食べた後も胃がもたれる感じがないのがスゴい!

好評すぎて、販売ストップもしていた
「ウルグアイビーフ」

これだけ美味しい「ウルグアイビーフ」。今回、突然の出会いをしたブロンコビリーでは、昨年5月から販売していたらしいのだけど、計画を大幅に上回る売れ行きで一時提供休止になったほどの好評ぶりだったという。

その後、秋には準備が整って提供を再開したのだけど、何がそんなにウルグアイ産の牛肉がウケるんでしょ?

世界一牛肉を食べる国、ウルグアイ

©ブロンコビリー

ぶっちゃけそんなイメージないですよね、南米ウルグアイ。日本の半分ほどの国土で、人口は約350万人の小さな国。ただ、消費量で世界1,2をあらそうほどのお肉を食べるお国柄。

で、ウルグアイ人1人当たりの牛肉の平均年間消費量は約60kg。日本人だと年間平均5.8kg(農林水産省2015年度概算)だし、お米の年間消費量が53.8kg(2018年度、農水省データ)というのだから、それよりウルグアイの人は牛肉を食べているわけ!

「アサード」と呼ばれる豪快に炭火で焼く牛肉のBBQは国民食で、各家庭に専用の焼き場があるほどお肉を愛してます。

©ブロンコビリー

ほとんど山がない国土の8割は牧畜に適した草地で占められ、広大に広がる牧草地帯で自然に近い環境で放牧される牛さんたちは、栄養価の高い牧草のみを食べて育てられ、程よく引き締まった肉質になるんだとか。

ヘルシーな「グラスフェッドビーフ」が
熟成されてやってくる

©ブロンコビリー

ウルグアイの牛のように牧草のみを食べて育った牛は「グラスフェッドビーフ」と呼ばれ、赤身が多く高タンパク・低カロリーな肉質。鉄分が多く、アンチエイジングにも効果的なオメガ3脂肪酸も含まれているんだとか。

一般的な牛肉よりもカロリーや脂質が低く、近年はアスリートからも注目され、健康志向の人にも支持されているんです。

©2020 NEW STANDARD

こんなお肉がこれまで知られてなかったのには理由あり。2000年に牛の伝染病・口蹄疫(こうていえき)が見つかって以来、日本への輸入がストップしていたのが、昨年2月にその輸入取引が19年ぶりに解禁。日本市場へやっとカムバックしたばかり。
だから、「ウルグアイビーフ」が“これからのお肉”になり得るんですね。

それに、地球の反対に位置する南米の国なので、大西洋を渡って日本まで約60日かけて届きます。その間、ゆっくり熟成が進み、肉質が柔らかくなって旨味もぎっしりなお肉になって、日本にやってきます。

正直なところまったくノーマークだったウルグアイの牛肉。脂質が少なくビタミン豊富で高タンパクな赤身で、柔らかくジューシー、そしてヘルシー。こんなお肉が、これからたくさん世の中に出回るのって、必然じゃないでしょうか!

 

まだまだ食べたい!

お伝えしたように、輸入が再開されたばかりでまだまだ流通量や扱う店舗も少ないのが現状の「ウルグアイビーフ」。一部のスーパーで小さなコーナー作って売っていたり、ウルグアイ料理の専門店でって方法もあるけど、食べるなら出会いをくれた「ステーキハウス ブロンコビリー」がやっぱりいいですよ。

ってのも、自分はすぐにリピートしに同店へ行ってしまったわけで(笑)。2度目のチャレンジでは、赤身肉のジューシーさを味わうステーキもいいのですが……ペロリとステーキを食べられる分、一緒にハンバーグ200gまで食べて計500gの牛肉!

©2020 NEW STANDARD

運ばれてくると、店員さんが専用のナイフとフォークで切って最終仕上げ。ステーキ同様に炭焼きだから、表面はこんがりで中はふっくら。ゴツゴツとした肉感でジューシーなビーフ100%の味わいをふんだんに感じられるハンバーグ。

せっかくなら、常時20種類以上の野菜や惣菜、デザートが並ぶ店内カットのサラダバーと大かまどごはん(魚沼産コシヒカリ使用)orパン、コーンスープが付いた「ブロンコセット」(550円)を頼んでおけば、テーブルも圧巻です。

©2020 NEW STANDARD

そんだけ見た目でお腹いっぱいになりそうでも、ウルグアイビーフだとさっぱりとして食べすすめられちゃう。炭焼きされてる姿を眺めていると聞こえてくる……肉汁滴る“しずる”な音とか、とにかくヤバい!

あー、また食べにいこっと。

© web broncobilly /Youtube
Top image: © 2020 NEW STANDARD
世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg...
今回は、新宿にあるbullsの「和牛ローストビーフ重」。ローストビーフの上に生ユッケが乗った贅沢な一品を実食!ついでに食べた和牛ネギトロ重もネギトロの域を...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
「ステーキ肉など分厚いお肉を焼くときはひっくり返すのは1回」という定説を耳にしたことはありませんか。焼肉屋さんでも日々繰り広げられる肉奉行たちの「触らない...
ギネスビールといえば、言わずと知れたアイルランドの名産品。かの地ではただ飲むだけでなく、料理にも使用されるって知ってました?たとえば、牛肉を黒ビールでコト...
毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとは...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!