「この中でお医者さんはいらっしゃいますか?」飛行機で急患を救った男性。実は...大統領だった!

2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の医師によって救急処置が施され一命を取り留めたが、なんと彼女を救ったのはウルグアイのタバレ・バスケス大統領とその主治医だったそうだ。

ウルグアイ大統領が
急患を救った!

MercoPressによれば、少女はアレルギーがあるピーナッツ入りのスナックを気づかずに食べてしまい、発作を起こして呼吸困難に陥った。母親が助けを求めると機長が乗客へとアナウンス、医師はいないかと呼びかけた。

機内にはウルグアイの医師でもあるバスケス大統領と彼の主治医がいた。処置に向かった2人は少女に薬を飲ませようと試みたがうまくいかず、静脈注射によって治療を行った。同席したバスケス氏の主治医は地元紙Busquedaにこう語ったそうだ。

「喉がほとんど閉まっている状態でした。処置がなければどうなっていたかわかりません。かなり深刻な状態でした

救急処置の甲斐あって少女の容体は安定し、飛行機は進路を変える必要もなくパリへと無事到着した。The Telegraphには「娘の命を救ってくれた」との母親のコメントも紹介されている。彼女は空港に到着後、2人の医師へとお礼を伝えた。

バスケス大統領が飛行機内で急患の対応をするのはこれで3度目。これまでにも喘息の発作に見舞われた乗客などを救ったことがあると報じられている。

2015年3月にウルグアイの新しい大統領に就任した彼は75歳。世界一貧乏な大統領として知られ任期を満了したホセ・ムヒカ前大統領の後任だ。BBCによれば、11月2日までフランスに滞在した後、日本へと公式訪問する。

アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
自国民に外出を控えることを呼びかけるため、大統領自身が室内でエクササイズする動画を公開した。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
JR東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で、多様な昆虫食が楽しめるグルメイベント「虫グルメフェス Vol.0」が開催。昆虫を使ったさまざまな...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...