全米で最もセクシーな医者「一番寄付をしてくれた人とデートします」→応募殺到→約300万が集まる

アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします」。自らの美貌を競売にかける大胆さ。彼の真意はどこに?

“もっともセクシーな医者”
誰かボクとデートしませんか?

“もっともセクシーな医者”

家庭医療医として2年目のMikhail Varshavski医師。その甘いマスクと患者をとろけさせるような優しい笑顔で彼は、2015年『People』誌が選ぶ「もっともセクシーな男性」コンテストで、ナンバー1“セクシードクター”に選出された人物。

この受賞を機に人気は急上昇。Instagramのフォロワーはすでに130万人超えています。

さて、年が明けて2016年1月初旬、彼はInstagramにある驚きの内容を公開しました。「WILL YOU GO ON A DATE WITH ME?(誰かボクとデートしてくれませんか?)」満面の笑みでサインボードを掲げるドクター Varshavski。

「ウソでしょ?行きたーい!」「え、NYCで?」「先生がアジア人好きであってくれることを祈ってます♡」イケメンドクターからのまさかのお誘いに、コメント欄には続々と驚嘆のメッセージが寄せられました。

デート権をかけた寄付合戦

“もっともセクシーな医者”

SNSでの公開デート相手募集。この裏には、ドクターVarshavskiのある秘策がありました。
デート相手の応募を行う出合い系アプリ「Coffee meets Bagel」で、ひとり10ドル(約1,200円)からの寄付を呼びかけたのです。つまり、彼は自分自身を競売にかけ、最高額を寄付してくれた女性とデートするというもの。1月27日が締め切りだそうですが、すでに25,000ドル(約300万円)以上の寄付が寄せられているんだとか。はたして、その寄付の目的とは何だと思います?

“もっともセクシーな医者”“もっともセクシーな医者”

実は、ドクターVarshavskiには、ソーシャル企業家であり慈善活動家としての、もうひとつの顔があります。

自ら創設した「Limitless Tomorrow」は、学生やアーティスなど、可能性を秘めた若い人たちに資金提供するチャリティー団体。今回のデート権をかけた寄付は、すべてこの団体を通じて若者や学生たちの奨学金に充てられる予定。ドクターVarshavskiは、Instagramでこれを公言したうえで、女性たちへ寄付を呼びかけているのです。

航空券、ホテル代、レストラン
すべて無料の超豪華プラン付

“もっともセクシーな医者”

さて、驚くのはその内容。NYまでの往復航空券のほか、宿泊先は四つ星高級ホテル。さらに、ミシュランで星を獲得したレストランでの豪華ディナー付き。さらにどんなムーディーな仕掛けがあるかは分かりませんが、とにかくデート権利獲得者には、至れり尽くせりのおもてなしが待っているんだとか。

“もっともセクシーな医者”

「とってもwin-winな関係だと思うんだ」

アメリカらしいというか、なんというか。この自身こそ、「もっともセクシーな医者」に選出される人物たるゆえんだったりして。さらっと、言ってのけたかどうかは知りませんが、ドクターVarshavskiのコメントを「Metro」が紹介しています。

最後に、彼とのデートをかけた寄付合戦。日本からも参戦できるそうですよ。

Reference:Metro, COSMOPOLITAN
Licensed material used with permission by Doctor Mike

関連する記事

毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
「メルカリ」は外出自粛要請を受け、寄付プロジェクト「Stay Home & Share Smiles」を実施中。おうち時間を充実させてくれるような出品をす...
不要となった本、CD、DVDなどを買取、その金額を全額寄付に回す「ブックオフ」の取り組み「キモチと。」が、首里城復興・再建に向けた寄付ができる取り組みを開...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
米コスメブランドの「Lipslut」は、販売利益の100%をCOVID-19の救援活動に寄付すると発表。
新型コロナウイルスの影響を受け、Instagramが新たに4月28日よりローンチしたのは、Instagram Live上で募金による寄付を集められる機能。...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。
「#BuildtoGive」のハッシュタグを付けて、レゴブロックで作ったクリスマスのオーナメントをSNSで投稿すると、投稿された作品の数だけ、おもちゃを必...
「アシックス」は、これまで廃棄されていた衣類を活用した100%リサイクル素材のエコバッグ「GREEN BAG」を発売。
「WED」が3月18日にスマホで寄付できるアプリ「dim.」をリリースした。このアプリの特徴は、使い方がとてもシンプルなこと。
秋葉原からつくばエクスプレス約45分の茨城県つくば市。ロープウェイやケーブルカーのある筑波山のアクティビティや公道を走るセグウェイ体験、おしゃれなカフェな...
4月15日、デーティングアプリ「Dine(ダイン)」はオンラインデート機能「オンラインレストランDine」をリリースした。このオンラインレストランではフー...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
現代アーティストKAWSが、「Black Lives Matter」運動の支援として、チャリティー企画をおこなうことを発表。自身のWebサイト「KAWSO...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
オーストラリア のコメディアン、セレステ・バーバーさんはFacebook上でオーストラリアの森林火災への募金活動をおこない、その額はFacebookの資金...
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
知的な人、賢い人に性的魅力を感じるのが「サピオセクシャル」と言います。頭脳の良し悪しとその魅力に関して様々な研究において、関連性がある事が判明されています...
二十歳の女子大生がジョージアでイケメンをデートに誘い、シュクメルリなど本場の料理を食べてきた話。
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
本日2019年4月18日、恵比寿にマッチングアプリ「Dine」が仕掛ける「Snack Dine」がオープン。入店できるのは、アプリを介して会員になれた人の...
Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を...
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
ユニークな福利厚生の紹介です。
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...