※追記あり:このホームレス男性に4,000万円の寄付が集まった理由に、多くの人が感動。

2017年11月28日に公開した本記事に掲載している内容に関して、クラウドファンディングサイトを利用した詐欺であったことが発覚しました。AP通信などが伝えた内容によると、米バーリントン郡検察当局が2018年11月15日に記者会見を行い「募金活動はすべて嘘の上に成り立っていた」と発表したそうです。
本記事を読んでくださった皆様にお詫び申し上げます。
このようなことがおきないよう、これまで以上に事実確認を徹底していく所存です。
今後ともTABI LABOをよろしくお願いします。
 
 
 
 

アメリカが抱える社会問題の1つに、退役軍人がホームレスになってしまっているというものがあります。あるサイトによれば、その割合は全体のホームレスの人の約11%になるのだとか。

最近、この類の話が多くのメディアで取りざたされているのは、ある「GoFundMe」のクラウドファンディングが関係しています。

危機的状況を助けてくれた
ホームレス男性への恩返し

きっかけは、上の画像で左に写るKateさんの車が、ガス欠を起こしてしまったところから。そのために、1番近いガソリンスタンドまで歩いて、ガソリンを買おうとしました。

困惑する彼女を見かけたJohnnyさん(画像右)は、彼女に「車に戻って、ドアをロックして、待っていなさい」と伝えたそうです。女性が1人で歩くのは、危険だと考えたのかもしれません。すると、数分後に、彼はガソリンの入ったタンクを持って来てくれたのだとか。

あとで分かったのは、購入するためにかかった20ドルは、Johnnyさんの全財産だったということ。だけど、彼は何も見返りを求めなかったと、Kateさんは言います。

多くの人が感動し
寄付は4,000万円以上に

Kateさんは、その日から何回もJohnnyさんのもとに、洋服や食べ物を持って行きました。あるときに、たくさんのシリアルバーをあげたら、彼は「1つ、食べる?」と聞き返してくれたそう。また、ギフトカードと水を渡したときには、「仲間に見せるのが、待ちきれない!」と彼女に語ったようです。

優しい心を持つ彼の姿をみて、Kateさんは「なんとかして助けてあげたい」という想いが強くなり、出資を募ることに。

この話は瞬く間に広がり、今では1万2,000人以上がJohnnyさんに寄付をしています。金額で想いを測ることはできませんが、中には2,000ドル(約20万円)を払う人も。ちなみに、現時点での、合計は約4,200万円です。

誰もがホームレスになりうる

緊急医療隊員のときのJohnnyさん。

冒頭の話に戻りますが、Johnnyさんは元海兵隊員でした。その後、家庭に問題を抱え、アメリカを旅しているときに仕事を失い、ホームレスとして生活をしなければいけないことに。彼の人生を知ったKateさんは、「私もホームレスになりうる」という感じたようです。

退役軍人で家を失った人の大半は、PTSDに苦しみ、家庭や社会と問題を抱えてしまうことがあるそう。彼も、その1人だったのかもしれません。多大なお金を受け取ることになると分かったJohnnyさんは、「他のところに寄付をしてあげて」とも言っているようです。

Licensed material used with permission by GoFundMe
他の記事を見る
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...